2014年06月03日

はま寿司イオンタウン富士南店

 はま寿司は、全国に店舗がある回転寿司です。オーツはわりと気に入っています。
 先日、平日のお昼でしたが、イオンタウン富士南店にいってみました。イオンショッピングモールの中にあって、とても便利です。この店では、平日1皿が90円のセールをやっていました。100円でも安いと思えるのですが、90円となると、さらに安いことになります。
 オーツの好きな寿司を食べて、満足しました。
 ところで、その途中、オーツはちょっと失敗をしてしまいました。
 この店では、(最近はどこでも同じだと思いますが)タッチパネルで寿司を注文する仕組みになっており、オーツは「赤にし貝」を注文しました。
 で、ちょっと待っていると、注文品用の容器に乗って赤にし貝が出てきたのです。それを取って食べました。出てくるのが早くてとても便利な店だと思いました。
 すると、それから少しして、オーツの席のパネルで「まもなく注文された品が到着します」とか何とか、アナウンスが聞こえてきたのです。えっ? ついさっき取ったけど、……。
 ホントに赤にし貝が流れてきました。
 つまり、先ほどオーツが取ったのは、別のお客さんがオーツよりもちょっと前に注文したものだったのでした。
 オーツは、近くにいる店員にその旨をいったのですが、店員は特に気にすることでもないような態度でした。よくあることなんでしょうか。気にしなくていいのでしょうか。
 注文したお客さんにしてみれば、せっかく好みの寿司を注文したのに、なかなか流れてこないし、それどころか、タッチパネルで注文状況を確認しようとすると、もう提供済みになってしまっているということで、お店に不満を持つでしょう。
 お店としても、適切な対応が求められるのではないでしょうか。
 注文者を注文履歴から割り出して、再度赤にし貝を届けるとか、その際、店員が一言お詫びを言うとか、なぜ提供に時間がかかったのか説明するとかすれば、お店のイメージがずっと良くなります。
 そもそも、なぜこうなってしまうかといえば、客の席が区分されておらず、レーンを流れるそれぞれの注文品が誰の注文した分かわからないということが問題なのですが、……。
 しかし、後から考えてみると、オーツよりも先に注文したお客さんは、オーツが注文した寿司を食べればいいわけで、寿司が出てくるまでちょっと時間がかかった(そしてタッチパネルからのアナウンスがなかった)というだけの問題のようです。注文者の区別をしないオペレーションはこういうメリットもあるのですね。
ラベル:はま寿司 注文
posted by オーツ at 03:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 回転寿司 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック