2014年05月15日

マレーシア・シンガポール旅行(10)シンガポールの観覧車など

 4日目の夕方、18:05 の飛行機でシンガポールへ向かいました。
 空港からホテルまでのバスの中で、ガイドさんが日本円をシンガポールドルに両替してくれました。5千円を両替して58ドルでした。シンガポールドルは、1ドルが90円くらいということです。為替レートを調べると、1ドルが 81.7 円ですから、約10%の手数料が上乗せされていることがわかります。
 で、ホテルに着いて、さっそく近くのコンビニに出かけ、アサヒ・スーパードライを買いました。350ml の缶が 4.8 ドルでした。高い! シンガポールはアルコール類が高いようです。

 5日目はシンガポールの観光でした。
 午前中は、「シンガポールフライヤー(大観覧車)とラッフルズアーケード」というオプショナルツアーに参加しました。一人 6,000 円のコースです。
 観覧車は、シンガポールのどこからでも見られるランドマークです。高さ160メートルほどで、周りの景色が一望できます。

MS16.JPG

 観覧車からはマリーナベイサンズがよく見えます。大きい観覧車ということは高くまで登るということです。見える景色はとても気分がいいものでした。ゴンドラが大きくて、それぞれに冷房が付いているのもありがたかったです。1周約30分でした。
 入場料33ドルを払っても、この観覧車は乗る価値があると思います。
 ラッフルズアーケードは、ラッフルズホテルの中のショッピングモールです。妻は孫のための衣類などを買いましたが、オーツの感覚では、まあどうということはなかったです。

 一度、ホテルに戻って、飲茶の昼食に出かけました。飲茶ということで、饅頭や餃子、シュウマイなどが出てきました。

MS17.JPG

 おいしかったです。今回のツアーの中で一番おいしかったように思います。基本は広東料理ですから、全般に日本人の口に合います。特にコーンスープが日本人向けの味でした。(今回の全食事の中で一番おいしいスープでした。)これはオーツだけの感想ではなく、何人かのツアー客が同じ印象を持っていました。
 そういえば、別の話ですが、ホテルの朝食で「おかゆ」を何回か食べましたが、いつもぬるくておいしくなかったように思います。マレーシアもシンガポールもおかゆを熱くしない文化のようです。
posted by オーツ at 04:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック