2014年04月29日

電動アシスト自転車のバッテリーの寿命

 オーツは 2010 年から電動アシスト自転車に乗っています。
2010.4.12 http://o-tsu.seesaa.net/article/146291448.html
つまり、4年乗っていることになります。
 最近、フル充電しても乗れる距離がやや短くなってきたような印象を持ちました。バッテリー容量 は 2.9Ah で、17km ほど走れるはずですが、そんなに走れなくなってきました。
 たぶんバッテリーが弱っているのでしょう。
 そもそも、バッテリーは何年くらい持つものなのでしょうか。上の記事では、取扱説明書に従って「5年」としています。
 ちょっとネットで調べてみました。
http://www.yamaha-motor.co.jp/pas/feature/longevity/index.html
によれば、7年経つと、新品の半分程度になってしまうとあります。
 しかし、バッテリー交換の目安といっても、そのまま短い距離しか走れなくてもいい(頻繁に充電することにする)と割り切れば、もう少し長い年数、乗れるように思います。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1050655290
によれば、5年〜6年くらいのようです。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1335896453
によると、年数よりも充電回数が寿命を決めるようです。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1266880592
によると「バッテリーの寿命は年数よりも使用者の使う距離がバッテリーの劣化により一回の充電で走れなくなった時です。」とのことで、一番納得できるものでした。
 少し弱ったとしても、もう少しがんばって今のバッテリーで走るようにしたいと思います。
 ちなみに、オーツが使っている自転車の機種は PZ26LT ですが、
http://www.yamaha-motor.co.jp/pas/battery-img/battery.pdf
によると、2.9Ah リチウムTというバッテリーが使用可能で、新品の本体価格 25,000 円だそうです。けっこう高いものですねえ。この金額では新品の自転車が1台買えます。amazon では、22,791 円、kakaku.com でも最安価格はこれと同じでした。
 ただし、4.0Ah 6.0Ah 8.1Ah のバッテリーも使用可能ということです。8.1Ah だと、36,500 円ということになります。まあ、そんなに乗らないので、2.9Ah のものでもよさそうですが、たかだか1万円くらいの差しかないのであれば、8.1Ah のものにして、10年くらい乗る手もあるかもしれません。そんなに持つのかどうか、知りませんが、バッテリー容量が半分になっても、まだ 4.0Ah 分はあるという計算ですからねえ。
 8.1Ah リチウムLというバッテリーは、amazon で 33,373 円です。
 最初に電動アシスト自転車を購入すると、いわば、本体+電池ということになるわけですが、それで約7万円でした。それを規準にしてみても、電池は高価であることがわかります。
2017.4.11 追記
 実際にバッテリーを買い換えた話を
http://o-tsu.seesaa.net/article/448908752.html
に書きました。
 よろしければご参照ください。
posted by オーツ at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック