2014年04月08日

和むら総本店@伊東市でランチ

 伊東市方面で妻とランチを食べようと思いました。
 選んだ店が「和むら」
http://tabelog.com/shizuoka/A2205/A220503/22000023/
です。
 この店は、「特大海老フライ」が名物なのですが、まあそんなに大きな海老フライを食べようとも思いませんでした。

kazumura1.JPG

 メニューを見ると、「金目鯛の煮付け定食」が 3,260 円となっていました。御飯、味噌汁、茶碗蒸し、お新香が付きます。一方、1品料理に「定食セット」を付けるという形も可能で、定食セットというのは、御飯、味噌汁、茶碗蒸し、お新香のことです。480 円です。そして、「金目鯛切身煮」が 1,850 円となっていました。
 つまり、「金目鯛切身煮」1,850 円と「定食セット」480 円で、「金目鯛の煮付け定食」がほぼ再現できる形になります。これなら 2,330 円です。
 「金目鯛の煮付け定食」がどんなものか、わかりませんが、たぶん、切り身が大きいのでしょう。
 「金目鯛切身煮」と「定食セット」でも、出てきた金目鯛切身はかなり大きく、これで十分でした。妻は箸であちこちほぐしながら身を完全に食べ尽くしました。
 オーツは、「浮舟定食」2,860 円を注文しました。

kazumura2.JPG

海老フライ(ただし「特大」ではない)、ひれかつ、カニコロッケ、刺身、酢の物、それに御飯、味噌汁、茶碗蒸し、お新香が付きます。妻とシェアしながら食べましたが、これまた十分でした。
 テーブルにとんかつソースが置いてあり、それをかけながら海老フライなどを食べましたが、さすがに揚げたてでおいしくいただくことができました。
 それと、カニの味噌汁がとても出しが利いていて、おいしかったです。カニの身も少し食べましたが、こちらはちょっと食べにくかったです。
 会計すると、8%の消費税が加算されて、2人分で 5,606 円になりました。伊豆高原ではこんなものかもしれません。単なる観光地価格ではなく、実質のある価格だったと思います。
posted by オーツ at 04:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック