2014年04月04日

テレビのリモコンが行方不明?

 先日、ちょっとした事件がありました。
 オーツの自宅では、テレビのリモコンをテレビの前のテーブルの上に置いているのですが、あるとき、テレビを見ようとしたらリモコンがなくなっていたのでした。
 ふと回りを見ると、お菓子の袋が散乱していたりして、孫が散らかしていったようすがありました。
 なるほど、小さな子供がリモコンで遊んで、どこかにやってしまったか、あるいは、親がそれを見ていて、どこか子供の手が届かないところにリモコンを置いたかということのようです。
 引き出しの中にしまうようなことはしないはずですから、探すべき場所は知れています。
 オーツは室内をあちこち探しました。テレビが見られないといろいろ不都合があります。
 一生懸命探したのですが、どうにも見つかりません。思いあまって、息子に電話をかけました。どこかにリモコンを置いたのではないかと尋ねたわけです。留守番電話だったので、メッセージを吹き込みました。
 で、ふと、テーブルのところに座って、テーブルの上を見ると、いつものところにリモコンがありました。
 何と、もともとあるべきところにリモコンがあったのに、それが見えなかったのでした。
 まるで、メガネを頭に乗せておきながら、メガネがないと勘違いしてあちこち探し回っているような感じでした。
 「灯台もと暗し」とは、こういうことをいうのでしょうか。
 再度、息子に電話して、取り消しメッセージを吹き込みました。
posted by オーツ at 04:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック