2014年03月13日

孫からの留守番電話

 3歳の孫からオーツの自宅に留守番電話がありました。
 まさか、孫が自分で電話番号をプッシュしたのではないと思います。親が手助けしたのでしょう。
 もしかすると、オーツの電話番号が先方の短縮ダイヤルに登録されていて、ボタンをポンポンでつながるようになっているとか?
 それにしても、電話をかけた相手が不在で、留守番電話が応答しているとき、それを理解してメッセージを残すというのは、なかなか大変なことです。
 留守番電話の仕組みを理解することだってなかなか簡単ではないと思います。
 相手が返事をしなくて、相づちも打たないのに、一方的に話すというのも大変なことです。
 孫のメッセージを聞いたら、自分の名前を名乗るところから入り、明瞭な声でメッセージを残していました。
 3歳にして留守番電話を使いこなしているのですね。驚きです。

 このメッセージをパソコンに取り込んで、不要部分を削除したりして、何回か聞いてみると、電話口のそばで嫁が小さな声でリードしているのが聞こえてきました。嫁「さようなら」→孫「さようなら」といった調子です。秘密の一端がばれてしまいました。
ラベル:留守番電話
posted by オーツ at 05:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック