2014年02月15日

「陽」という名前

 子供に「陽」という名前を付ける人がいます。
 さて、この名前は何と読むのでしょうか。けっこうむずかしいです。
http://kanji.reader.bz/%E9%99%BD
によると、「ひ、よう、ひかる、あきら、ひなた、ひな、みなみ、はる、あき」という読み方があるようです。
http://happyname.livedoor.biz/archives/51299644.html
によると、漢字2字の名前の一字として使われる場合も含めて、「ヨウ、あき、あきら、お、きよ、きよし、たか、はる、ひ、や」という読み方があるとのことです。
http://questionbox.jp.msn.com/qa110074.html
によると、「大修館書店の「漢語林」に人名としての読み方の例が載っています。あき、あきら、お、おき、きよ、きよし、たか、はる、や」だそうです。
http://plaza.rakuten.co.jp/namae/diary/200701110000/
および
http://meimeijiten.blog69.fc2.com/blog-entry-16.html
(こちらがオリジナルか?)によると、「あき、あきら、お、おき、きよ、きよし、たか、なか、はる、はれ、ひ、ひなた、や」だそうです。
 Yahoo! 知恵袋では、「赤ちゃんの名前を考えています。「陽」の字を「はる」という読みで使いたいのです...」という人の質問がありました。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1027288525
 また、回答の中には「大辞泉にありました。陽[名のり]あき・あきら・お・おき・きよ・きよし・たか・なか・はる・や」と書いてありました。
 女の子の名前で、陽(はる)というのがあるようです。
http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2010/1012/354741.htm

 そういえば、将棋のプロ棋士に「稲葉 陽」という人がいますが、「いなば あきら」と読みます。
http://www.shogi.or.jp/player/kishi/inaba.html
先日、NHK のテレビ将棋対局で解説者をつとめていました。
 「あきら」という読みはなかなかかっこいいと思いました。まあ、知らなければ読めませんが。

 こんな読みにくい(男なのか女なのかわからない)一字名を付ける人も世の中にはけっこういるのですね。
ラベル: 名前
posted by オーツ at 05:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ことば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック