2014年02月13日

落としたハンカチが戻ってきた

 オーツは、今の時期、自転車に乗るときはハンカチが必需品です。自転車で移動していると、冷たい空気が目を刺激して、涙が出てくるのです。
 先日も、交差点で止まるたびにハンカチで涙をふきふき自転車で外出していました。
 帰宅すると、上着のポケットにハンカチが入っていないことに気がつきました。涙を拭いたあと、ポケットに入れようとして落としてしまったようです。手袋をしていたので、指先の感覚が鈍かったのでしょう。
 落とし物は残念ですが、なくなったものはしかたがありません。別のハンカチをポケットに入れておきました。
 翌日、別の用事で、自転車で行った道を歩いて行くことになりました。そしたら、とある踏切のところにオーツのハンカチが落ちていることに気がつきました。ここでも涙を拭いたことを思い出しました。
 ハンカチは1日そのままになっていたのですね。
 ハンカチを拾って帰宅し、洗濯機に放り込んでおきました。
 今や、ハンカチが落ちていても、拾っていこうとする人なんていないのですね。それはそうでしょう。オーツが見かけても拾わないと思います。ということは、もしもハンカチをなくしても、丹念に探せば見つかるということです。まあ、そんなことに時間をかけるよりも、次のハンカチを使う方が普通でしょうが。
posted by オーツ at 05:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック