2014年02月03日

ビストロマルバ@江古田でランチ

 ふと気がつくと、江古田駅の南口にマルバというビストロができていました。
http://tabelog.com/tokyo/A1321/A132101/13162492/
http://s-nerima.jp/wp/32581
 2013年11月18日開店で、1月8日からランチを始めたということでした。オーツは、そんなことは知らずに、先日ふと通りかかったときにお店の前にランチの看板が出ていたので、「あ、こんな店があるんだ」というふうに思いました。ふだん、あまり通らない道筋なのですが、歩いていて気がついたというものです。
 ランチタイムにいくと、「マルバのコース」というのが 1,500 円でしたので、これを注文しました。肉料理か魚料理が選べます。魚料理は、この日は「ヒメダイのポアレ」でした。(オーツの場合、肉料理を注文することはなさそうです。)
 「お魚のコース」が 1,000 円ですので、普通の予算からいうと、これが上限なのですが、マルバのコースにすると、サラダの代わりに前菜が出て、ハーフパスタも付き、デザートまで付いてくるということなので、差額 500 円を考えると、マルバのコースがお得なように思えました。
 カウンター席が数人分ある他に、奥にテーブル席がありました。2人テーブルが三つと4人テーブルが一つということで、全体にこぢんまりしたお店です。大きな壁掛けテレビが一番奥に置いてあり、アニメが映し出されていましたが、音声はなく、別に、ジャズが流れていました。しゃれた雰囲気で、2人で行くにも適しています。
 ランチタイムにもかかわらず、料理をちゃんと1品ずつテーブルまで運んでくれて、どんな料理か説明してくれます。ありがたい話です。
 前菜は、ワカサギのエスカベッシュ(揚げてから酢漬けした南蛮漬け)、フリッタート(スペイン風オムレツ)トマトソース付き、それとガランティーヌ(鶏肉と具材のロール焼きの輪切り)マスタード付きでした。
 スープは、取っ手付きのカップで出てきました。野菜スープで、具がたくさん入っていました。
 パンは、シェフが焼いたものだそうで、普通のパンよりもぎっしりした食感のものでした。
 主菜「ヒメダイのポアレ」は、バルサミコソースが付いており、香りもよくていうことなしでした。付け合わせのマッシュポテトもおいしかったです。
 ハーフパスタは、生麺をゆでたものだそうですが、ラグーソース(肉などをデミグラスとトマトで煮込んだもの)がのっていました。大きめの皿の中央部分のへこみにパスタが収まっており、フォークだけではちょっと食べにくかったです。オーツの感覚では、そのまま食べるよりも、粉チーズをかけるほうがおいしく思いました。
 デザートは、抹茶と黒豆のシフォンケーキでした。
 ドリンクは、アイスコーヒーにしました。食後に飲むにはホットよりもアイスのほうが(口の中をきれいにする意味もあって)ふさわしいように思います。
 こんなコースですが、一通り楽しめて 1,500 円というのは安いのではないでしょうか。オーツの普段のランチは 1,000 円以下に収めたいと考えていますが、たまにはこういうランチもありだと思います。
 お客さんは、オーツのあとから何人か入ってきました。いずれも一人ずつで、男性でした。
 だんだんこの店のランチが知られてきたようです。けっこうでした。
 全部で40分ほどのランチでした。ひとりで行ったので、かかる時間はこんなものでしょう。豊かな気分になって外に出ました。
posted by オーツ at 05:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック