2014年01月21日

Le petit Lutin@下高井戸でランチ

 フレンチレストラン Le petit Lutin
http://www.noliette.jp/cgi-bin/nolietteHP/sitemaker.cgi?mode=page&page=page2&category=0
http://tabelog.com/tokyo/A1318/A131809/13001466/
は、1階が本屋、地下が居酒屋「おふろ」になっているビルの2階にあります。
 ずいぶん変わった名前です。オーツは、Lutin というフランス語を知らなかったので、辞書
http://9.dee.cc/~hakase2/
を引いてみると、以下の二つの意味があるという話です。
【1】小悪魔,小妖精。【2】悪戯っ子。

 ランチに行ってみました。
 オーツが行ったときは、主菜として、(1)豚ロースのロースト(お2人様以上で)、(2)千葉産サゴチのポアレ、(3)ガレット(3種類)がありました。黒板に書いてあります。一人で行ったので、(1) は選べません。(2) にしました。ガレットはそのうち試しましょう。
 案内されて、窓際の席に着いたのですが、窓から道行く人が眺められます。知り合いが通ったりする(しかも相手はこちらにまったく気がついていない)というのも不思議な気分でした。
 歩行者の中には半袖で短パンの人もいました。驚きです。まるで、今が夏であるかのようです。
 まず、温かいパンが出てきました。
 前菜盛合せは、サラダやハムでしたが、一緒に出てきたカップ入りのカボチャのスープがおいしかったですねえ。冷たいスープで、表面にはクリームによる「絵」が書いてありました。よく喫茶店でコーヒーなどの表面に描くあの「絵」です。
 メインもよかったです。
 デザートは、何種類かの中から選べます。オーツはノリエットのケーキにしました。これまた絶品でした。
 これで 1,800 円というのは妥当でしょう。
 グルメサイトのクチコミを見ると、料理が出てくるのが遅いと書かれています。
http://gourmet.livedoor.com/restaurant/7598/evaluation/detail/189814/135818/
http://blogs.yahoo.co.jp/nagano_kazuo/64889605.html
 しかし、そんなこともないと思います。
 オーツの場合、11:45 くらいに店に入って、12:35 には出ました。3皿でこの時間というのは普通だろうと思います。
 会計時にくれた STATEMENT は、英語のフォームでしたが、そこにさらさらと書かれた日付はフランス語でした。なかなかしゃれています。
 オーツは1万円札を出しておつりをもらったのですが、千円札3枚は新札で連番でした。五千円札も新札でした。こんなところまで気を配っている店なのかもしれませんね。

 オーツは、写真を撮らなかったので、写真が見たい人は他のサイトを見てください。
http://sharl69.exblog.jp/16744766/
http://ameblo.jp/luuuuuui/entry-11666048574.html
http://yaplog.jp/maliqua/archive/14
2014.9.27 追記
 この店は、移転しました。
 新しい場所に行ったときの話を
http://o-tsu.seesaa.net/article/406094946.html
に書きました。
 よろしければご参照ください。
posted by オーツ at 05:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック