2014年01月17日

桜上水で電動アシスト自転車が借りられる

 オーツが桜上水駅の南側を歩いていたときのことです。自転車の駐輪場があり、たくさんの自転車が預けられていました。そこに、掲示板があり、「IHIがやリン 桜上水南ポート」という名前が書いてありました。ここでは、自分の自転車が預けられるだけでなく、世田谷区が所有している電動アシスト自転車が借りられるのです。オーツは、係員のおじさんと立ち話をすることができました。電動自転車は、ここだけで200台ほどあるのだそうです。しかも、利用者は1日あたり100人以上という話です。ずいぶんたくさん置いてあるし、また利用されているのですねえ。
 利用料金は1日300円だそうです。ちょっとしたところの往復を考えると、150円×2で、バス代より少し安いといった感じでしょうか。
 ここは、世田谷区の委託で、公益社団法人 世田谷区シルバー人材センター が運営しています。シルバー人材センターというと、年金をもらっているような高齢者で、時給は安くてもいいから少しだけ働きたいという人が登録している組織です。あまり人件費がかからないから、安い料金で自転車を預かったり、貸し出したりすることができるということになります。
 まあ、高齢者が働くということは、自分自身の健康のためにも望ましい話でしょう。もっとも、こういう仕組みが大規模に運営されるようになると、若者の働く場を奪ってしまうという問題もありますが、それはあまり強く言わないことにしましょう。高齢化社会では、高齢者も働くことができるようになるのだろうと思います。
 聞いてみると、世田谷区では、桜上水、経堂、桜新町、等々力の4箇所にレンタサイクルポートがあるとのことです。なぜ、こんなのがあるかというと、区内の南北方向の移動手段の補助としてだそうです。世田谷区は、東西方向の移動手段は、鉄道を中心に発達しているのです(東側の都心に向かって移動する人が多いのでしょう)が、南北方向はバスがある程度で、かなり貧弱です。そこで、電動自転車を貸し出すというアイディアが出されたとのことです。
 なるほど。
 こういうことを考えついた人は頭がいいですね。民間企業が運営すると、もう少し利用料を高くしないと採算がとれないと思いますが、シルバー人材センターを活用すれば、十分やっていけます。
 電動自転車の貸し出しの説明は
http://www.city.setagaya.lg.jp/kurashi/102/123/372/d00005254.html
に書いてあります。
posted by オーツ at 04:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック