2014年01月10日

初春花形歌舞伎『通し狂言 壽三升景清』

 歌舞伎の演目は読みにくいものです。今回のは「ことほいでみますかげきよ」と読むのだそうです。
 新橋演舞場で、1月2日から26日まで上演されています。
http://www.kabuki-bito.jp/theaters/shinbashi/2014/01/post_55.html
http://www.kabuki-bito.jp/theaters/shinbashi/2014/01/post_55-Highlight.html
 新年早々の歌舞伎鑑賞になりました。
 今回は、最後の幕 大詰「解脱」一幕のみを見るための「三升席」2,000円というのもありました。舞台の上の左右に仕切りがあって、その中に12人分ずつの座布団が置かれていて、そこで見るという趣向でした。
http://www.kabuki-bito.jp/news/2013/12/21_1.html
なんだか、客席からもじろじろ見られているような気がして、三升席に座った人たちは落ち着かなかったかもしれません。

 今回の演目は、いくつかのストーリーをつなぎ合わせて続けて演じるといったものなので、どんな内容か、事前にはよくわかりませんでした。初めのほうに「心」の幕が出てくるので、それから後の場面はすべて「夢の中の話」となるようです。景清がそういう夢を見たということです。
 市川海老蔵が主役の景清をつとめましたが、声の通りがよくなくて、脇役の声の方がはっきり聞こえるものですから、ちょっとかすんでいるような印象を受けました。
 大きなエビの置物が登場したり、人間が乗れるくらい大きな鏡餅が出てきたりで、正月らしい華やかな舞台となりました。
 11:00 開演で、14:30 ころまでかかりました。
 お昼ごはんは、外で買って持参した弁当を幕間に食べました。文字通りの「幕の内弁当」ですが、30分で食べるのは忙しかったです。(トイレにも行きたいし。)いつも思うのですが、これは何とかならないものでしょうかね。
 オーツが座った席は、1階のやや右寄り(15列28番)でした。こんな席でも 11,000 円するのですから、歌舞伎というのはちょっと高めの娯楽かもしれません。花道のそばだと 16,000 円です。いやはや、いやはや。
ラベル:歌舞伎
posted by オーツ at 05:38| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック