2013年12月17日

大和寿司@下高井戸

 大和寿司は、下高井戸の駅からちょっと南に下った線路脇にあります。
http://tabelog.com/tokyo/A1318/A131809/13071870/
 居酒屋の「爺」(じじい)と並んでいます。店主が親子同士だそうです。
 大和寿司は、水・木が定休で、ランチは 11:30-14:30 の営業ということで、なかなか行く機会がありませんでした。先日、やっと行くことができました。
 お店の入り口の黒板にランチメニューが書いてありました。アジフライ、カキフライ、ホタテフライが各 950 円、おまかせにぎりが 1200 円、刺身定食、海鮮丼が各 1000 円ということです。他にも若干ありますが、これくらいしかバラエティがないと、あきらめてしまう客もいそうです。
 お店に入ると、カウンターが4席、テーブルが二つありました。小さな店です。カウンターの目の前には冷蔵ケースがあり、中に寿司ネタが並んでいました。しかし、あまり新鮮そうには見えませんでした。照明の具合でしょうか。
 オーツは、何を食べようかと迷ってしまいました。
 せっかく寿司屋に来たことですし、おかせにぎり(寿司10貫、漬け物、汁物)がよさそうですが、1,200 円というのは、オーツの予算(ランチは千円以下)を越えてしまいます。そこで、今回は、ホタテフライにしました。
 やや待っていると、お盆にのって出てきました。ホタテフライの他に、御飯、ひじきの煮物、漬け物3種、すまし汁、それに寿司2貫(海老とイカ)が出てきました。950 円でこれだけ食べられたら、かなり満足です。
 ホタテフライはかなりおいしかったですね。すまし汁もけっこうでした。しかし、御飯がちょっとべちゃべちゃタイプでイマイチでした。
 オーツは、11:45 くらいに入って、店を出たのは 12:30 くらいだったと思います(時計を持っていかなかったので、正確にはわかりません)が、その間、他のお客は一人も来ませんでした。こういうことだと、店をやっていくのはちょっと厳しいでしょう。ランチが平日の毎日ではないというのは痛いです。
 この店は夫婦二人でやっています。しかし、二人とものれんの奥に引っ込んでいるのです。客が来ると、出てきて対応しますが、料理を出すと、また引っ込んでしまいます。オーツは食後に水をもらおうかと思ったのですが、引っ込んでいる人を呼び出すのも悪いかと思って、遠慮しました。しかし、こういうことだと、客はますます入りにくくなってしまいます。
 オーツは、店主のおじさん(おじいさん?)とちょっと話したのですが、東急世田谷線の昔話などをしてくれて、気さくな方でした。でも、すっと引っ込んでしまうのです。まあ、客だって話したい人ばかりではないと思うけれど、接客としてどうでしょうか。
 値付けもちょっと高めでしょうか。価格が全体にあと 200 円安ければ、けっこう通う客がいると思うのですが、今の価格だとむずかしいように思います。
 夫婦ともかなりの年齢ですから、そろそろ息子に店を譲って、店全体をリニューアルするくらいでもいいのではないかと思います。ま、こんな言いぐさは、回りからの余計なノイズに過ぎませんが……。

参考記事:
http://shimotaka.seesaa.net/article/310083962.html
http://shimotaka.seesaa.net/article/381340933.html
posted by オーツ at 05:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 寿司屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック