2013年10月23日

韓国旅行(5)済州新羅ホテルのルームサービスと朝食

 済州新羅ホテルで、客室に入り、テーブルの上に目をやると、ルームサービスのメニューが置いてありました。注文するわけはありませんが、このホテルでは何がいくらくらいか、興味があったので、ちょっとのぞいてみました。1円が10ウォンですから、ウォン表示の 1/10 が円の価格ということです。

 まずは朝食のメニューです。
http://www.shilla.net/jeju/firsthand/download.do?filePath=accmo&fileName=J_roomservice.pdf
からメニューのダウンロードもできます。ただし、部屋に置いてあったメニューと微妙に違います。以下は部屋にあったものからの書き写しです。

テイクアウトサンドウィッチ 34,000 ウォン
韓定食 7:00-10:00
 韓国牛と野菜のスープ 34,000 ウォン
 鮑粥 34,000 ウォン
 魚塩焼きと韓国牛わかめスープ 34,000 ウォン
 天池朝定食 48,000 ウォン【「天池」は韓国式レストランの名前です】
  (中身=鮑蒸し煮、サワラ塩焼き、和牛プルコギ、鮑と貝スープ、果物)

西洋式朝食
 オムレツ、フルーツ、コーヒーまたは紅茶 34,000 ウォン
 ワップル【ワッフルではない!】とフルーツ、コーヒーまたは紅茶 34,000 ウォン
 パンケーキとフルーツ、コーヒーまたは紅茶 34,000 ウォン
 フレンチトーストとフルーツ、コーヒーまたは紅茶 34,000 ウォン
 フレッシュジュース(オレンジ、トマト、グレープフルーツ、キウィのいずれか) 16,000 ウォン

裏:西洋式朝食
コンチネンタル 34,000 ウォン
  (中身=フレッシュジュース類(オレンジ、トマト、グレープフルーツ、キウィのいずれか)、パン類(クロワッサン、プレーントースト、デニッシュ・ペストリー、マフィンのいずれか)、コーヒーまたは紅茶)

などなど、まだまだバラエティがありましたが、以下省略します。
 朝食が 3,400 円というのは、かなり高いですが、このホテルはこういうランクなのでしょう。

 朝食以外のルームサービスの価格は次のようなものでした。
海鮮うどん 48,000 ウォン
うな重 60,000 ウォン
日の出刺身丼(韓国式)70,000 ウォン【「日の出」は和食レストランの名前です】
寿司盛り合わせ 87,000 ウォン
寿司定食 98,000 ウォン
  (中身=前菜、お造り、寿司盛り合わせ、鯛ちり、デザート)
 こちらもいい金額で、オーツのようなビンボウ人では頼む気にならない価格がついています。

 部屋の冷蔵庫には、ミニバーということで、いろいろな飲み物が入っていました。

オレンジジュース 4,400 ウォン
みかんジュース 4,400 ウォン
りんごジュース 6,600 ウォン
コーラ 3,300 ウォン
ビール アサヒ 11,000 ウォン
ビール ハイト 5,500 ウォン
ビール カス 5,500 ウォン

 これまたなかなかの金額です。しかし、日本のホテルでもこれくらいの値段を付けるところはあります。オーツは飲みませんが、飲む人もいるでしょうね。
 冷蔵庫の上には洗面用具も置いてありました。

歯ブラシ 4,400 ウォン
歯みがき粉 6,600 ウォン
かみそり 22,000 ウォン

 オーツはいつもの洗面用具を持参していましたが、持参してよかったと思いました。ちなみに、普段使っている歯ブラシと歯みがきは他のホテルでもらった無料のもの
2007.12.24 http://o-tsu.seesaa.net/article/74354668.html
ですし、カミソリは、乾電池で動くシェーバーで、480 円のもの
2007.10.8 http://o-tsu.seesaa.net/article/59516916.html
を何年も使っています。乾電池で動かないものに 2,200 円を出す気にはなれません。
 朝食は、和食堂、韓食堂、洋食堂のどこでも食べられる形でした。オーツは和食堂にしました。
 今回の旅行では、主催者が事前に払ってくれていたので、値段は気にする必要がなかったのですが、和食堂のテーブルの上に置いてあるメニューによれば、朝定食は 38,000 ウォンとのことでした。
 お茶漬けの中に入ってくるものは、アワビか鯛を選択することになっていました。オーツは鯛にしましたが、あぶった切り身がたくさん入っていて、おいしかったです。
 それにしても、オーツの場合、朝食で 3,800 円というのは、普段食べたことがないです、はい。
posted by オーツ at 05:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック