2013年10月08日

マクド難民

 最初は朝日新聞が使い始めたようですが、「マクド難民」ということばがあります。
http://matome.naver.jp/odai/2135804057672892301
 ネットカフェに泊まるお金もなく、マクドナルドで 100 円の飲み物を買ったりして一晩過ごす人たちのことです。
 2013.1.13 が朝日新聞の最初の記事ですが、新聞が使い始めたときには、もう別の場所で使われていたはずです。しかし、たぶん、そのあたりが発祥の日時ということなんでしょう。
 ポイントは「マクド難民」であって、「マック難民」ではないということです。
 マクドナルドの省略形には、二つありますが、日本の中の地域差があって、関西ではマクド、関東ではマックといいます。「マクド難民」という言い方は、したがって、大阪近辺でまず発生したということを意味しています。
 ちょっと Yahoo! で検索してみると、現在では、"マック難民" 25,600 件、"マクド難民" 13,600 件ということで、「マック難民」のほうが増えています。
 ということは、同じ現象が東京近辺にも見られるということでしょう。
http://news.livedoor.com/article/detail/8023374/
によれば、2013.9.1 の記事ですが、「日本で生まれ、東南アジアに広がる「マック難民」」ということで、同じ現象がグローバル化していることを述べています。欧米とアジアではマクドナルドの運営方針が異なるという話です。
posted by オーツ at 04:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ことば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック