2013年10月03日

PASMO を解約しようとすると

 オーツは、仕事用の財布には SUICA を入れ、プライベート用の財布には PASMO を入れています。
 しかし、PASMO を使うことはめったにありません。気がつくと半年も使わなかったということがありました。ロックされて初めて気がついたということです。
2013.3.20 http://o-tsu.seesaa.net/article/348202390.html
 そんな状態だし、SUICA のほうはクレジットカードからの自動チャージになっていて便利だし、しかもその際ポイントがたまるようになっているし、ということで、PASMO を解約しようかと思いました。
 500 円のデポジットを取り戻すことも意味があるけれど、それ以上に身辺整理の一環という意味が大きいと思います。カード2枚は不要という感覚です。
 で、駅に行って PASMO のカードの解約を申し出ると、解約の手数料がかかるというのです。残額が 210 円未満であればその全額が、残額が 210 円以上であれば 210 円が解約手数料だそうです。残額をきれいに全部使ってから解約すれば手数料がタダになるというわけで、駅員さんからそうすることを勧められました。もっともな話です。
 解約手数料がかかるとはオーツは知りませんでした。
 ま、損するのもイヤだから、全額を使い切ることにしましょう。最近はスーパーなどでも使えるので、全部使うというのは不可能ではありません。
 残額が10円くらいならば、捨ててもいいですが。

参考記事:
http://takekuma.cocolog-nifty.com/blog/2007/05/post_8a55.html
ラベル:PASMO 解約 手数料
posted by オーツ at 04:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック