2013年09月24日

チェリー@荒川区

 チェリーは、あらかわ遊園に遊びに行ったとき、ランチを食べるために立ち寄った店です。
http://tabelog.com/tokyo/A1323/A132303/13088138/dtlrvwlst/
 実は、妻がここで食べるとよいと推薦してくれた店でもあります。妻は、最近でもこの店で近所の知り合いとだべっていることがあるという話です。実際に行ってみると、なるほど、そんな人が多そうです。
 この店は、基本は喫茶店ですが、ランチタイムはランチメニューがあって食堂になってます。
 都電の停留所(荒川遊園地前)を降りたすぐのところにある店で、子供連れの客で賑わっていました。それはそうでしょう。あらかわ遊園に近く、絶好の立地です。30年前くらいにはすでにあったように思います。
 オーツは、アジフライ&コロッケ定食 800 円にしました。息子は、ハンバーグ&目玉焼き定食 800 円にしました。孫用には、お子様ランチ 450 円がありました。
 お子様ランチは、ウィンナソーセージや卵焼き、いなり寿司、スパゲッティ、カボチャの煮物、野菜サラダなどがセットになっていました。ミニゼリーが3個付いていました。そして、フォークとスプーンが付いていました。
 ウィンナなど、切ってあるほうが便利なので、途中でナイフを借りて、一口大に切ってあげました。これだと子供はフォークで刺しながら食べるだけになります。ただし、いなり寿司は中に酢飯が入っているので、うまく切れませんでした。小さな子供がフォークでお皿からいなり寿司を食べるのはむずかしそうでした。
 付いてきたジュースは、(息子によると)リンゴ味でしたが、薄味で、子供でも飲みやすいようになっていました。なかなか気が利いています。
 こういうセットがあると子供連れには便利です。
 ミニゼリーは1個だけ食べて、2個はお土産にして、自宅で食べることにしました。(こうして、孫の手には「お土産」がたまっていくわけです。)
 アジフライ&コロッケ定食には、野菜サラダ、スパゲッティ少し、かぼちゃの煮物、スープが付いていました。洋食ということをイメージして、スープ付きなのでしょうが、カボチャの煮物は和食としての味付けでした。また、御飯は(お皿ではなく)茶碗に入っていました。ま、和洋混在といったところでしょう。
 息子のハンバーグも小さく切って孫にあげてみると、喜んで食べました。子供はこういうのが大好きなんですね。
 この店は、取り立てておいしいわけではありませんが、普通に食べられるし、大した値段ではないし、こういう気さくな店もまたいいものです。子供がたくさん入る店なので、子供が騒いでもそれが当然といった雰囲気です。オーツたちがいた間にも、十数人の親子連れの団体が入ってきて、2階で食事会をやっていました。
 何となく、荒川区らしいなあと感じました。
posted by オーツ at 03:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック