2013年09月14日

ヨーロッパ旅行(6)ドブロブニクとベルビューホテル@プリトビッツェ

 5日目は午前中のドブロブニク観光がメインで、午後はプリトビッツェまでのバス移動となりました。
 ドブロブニクでは、まず、ロープウェイで山に登ると旧市街が一望できます。これは是非登るべきです。赤い屋根と白い壁の家が密集していて、まるでおもちゃのようでした。一番きれいに見える絶好ポイントです。

europe10.JPG

 それから旧市街の中のあちこちをガイドさんと一緒に歩きます。
 旧市街を囲む城壁を1周歩くことができます。というわけで、オーツは妻と早速チャレンジしてみました。反時計回りに歩くようになっていて、たくさんの人が歩いています。

europe11.JPG

ところどころ、階段を登るところもあって、日差しもあって暑かったです。あちこちに点在する日陰が涼しいのですが、直射日光の当たるところは暑くてたまりません。
 城壁1周の途中で売店がありました。オーツはペットボトルのミネラルウォーターを買って飲みました。キンキンに冷えていて、とてもおいしかったです。
 城壁の1周でだいたい1時間半くらいかかりました。

 午後はバスによる移動となりました。
 5日目のホテルはクロアチアのプリトビッツェにある「ベルビュー」というホテルでした。夜遅くまで、隣の部屋で(外国語で)話し込む人がいて、それがとてもよく聞こえます。笑い声などはけっこう響きます。うるさくて眠れない感じで、安普請は困ったものだと思いました。
 ところが、翌朝起きてから気がつきました。引き戸式で開く大きな窓の上に、小さな窓があって、その窓が開いていたのです。これでは、ベランダで話す声が聞こえてくるのは当然です。窓全体が傾くようになっていたので、ちょっと見には閉まっているように見えたのでした。ホテルへは夜の到着になったので、窓が開けっ放しだったとは気がつきませんでした。
posted by オーツ at 05:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック