2013年08月12日

香港美膳@江古田南口

 香港美膳は、オーツが江古田駅近辺でランチを食べようとして、ちょっと気になって入った店です。
http://tabelog.com/tokyo/A1321/A132101/13158048/
6月29日オープンで、開店したばかりです。
http://s-nerima.jp/wp/28574
にメニューの写真などが掲載されています。
 店の前のボードには、日替わり定食 580 円と書いてありました。ずいぶん安いものです。これでもいいかなとは思いましたが、今日は肉野菜いためだそうで、肉をちょっと敬遠したい人間としては、他のものにしたいところです。
 お店に入ると、店内は、大衆的な店というよりは、ちょっときれいな感じでした。さすがに新規開店した店だけあって、内装などは新しくなっているようです。
 この店は料理人も店員さんも全員中国人のようで、店内では中国語が聞こえてきました。最近はこういう店が多くなりました。ま、おいしければ、中国人でも日本人でもいいわけですが。
 店員さんが大きなコップに氷の入った水を持ってきました。しかし、一口飲んでみると、水がぬるいのです。氷を入れればいいというのでしょうか。コップに氷を2〜3個入れ、それに常温の水を入れたに違いありません。これでは失格です。食後にこのお冷やを飲んでみると、冷たくなっていましたから、特に文句を言うほどのことではありませんが、水は、最初から冷たいのを飲みたいものですし、食後には氷が全部溶けてしまっていましたから、水の量に比べて氷の量がやや少なめだったといえるでしょう。
 ランチメニューを見ていたら、八宝菜があることに気がつきました。これなら、いろいろ食べられていいでしょう。これを注文しました。780 円でした。
 さて、しばらくして出てきたものは、たっぷりの八宝菜の他に、ご飯、玉子スープ、ザーサイ、野菜サラダ、それに杏仁豆腐でした。八宝菜はなかなかおいしく、玉子スープもけっこうでした。野菜サラダはドレッシングが多すぎでした。
 これで 780 円というのは、江古田が学生街だということを考えれば、常識的な値段でしょう。
 おいしかったので、再訪もありかと思いますが、行きつけの店にしようと思うほどではありませんでした。

 お店の前に置いてあったチラシ(兼メニュー)には「飲茶、点心、創作料理、餃子、酒場、薄利多売」と書いてありました。料理が並んでいるので、食べられるものを列挙したのかと思うと、最後の二つは「?」です。
2014.3.2 追記
 再度、この店にランチに行ったときの話を
http://o-tsu.seesaa.net/article/390219253.html
に書きました。
 よろしければご参照ください。
posted by オーツ at 05:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック