2013年08月01日

上海点心堂@江古田

 オーツがランチを食べに行った店です。
http://tabelog.com/tokyo/A1321/A132101/13126314/
江古田駅のすぐそばにあります。店構えはごく普通の大衆的な中華料理屋です。客席から厨房が丸見えです。中華鍋で炒め物をしたりすると、煙が上がって、店内に漏れてきます。換気扇が十分強いわけではなさそうです。(まあ、料理のにおいが気になるほどではありませんでしたが。)
 店内には、2人掛けのテーブルが四つあるだけです。お店の人によると、奥側に個室があるそうですが、どう見ても個室があるようには見えません。8月1日〜31日は閉店して、レイアウトや内装を全部改めるという話です。今度は客席が少し広くなるようです。
 オーツがテーブルに座ると、お店の人がタオル式のおしぼりを(袋を破いて)出してくれました。
 壁にはホワイトボードがあり、ランチメニューが手書きしてありました。かに玉、肉野菜炒め、レバニラ炒め、高菜炒飯、担々麺などが見えました。オーツは麻婆豆腐定食を注文しました。
 このランチメニューですが、11:00-15:00 はすべてが 600 円で、17:00-22:30 は 700 円になります。昼と夜で同じものでも値段が違うというわけです。この仕組みはちょっと珍しいと思いました。
 出てきたものは、麻婆豆腐の他に、ライス、スープ、ザーサイ、サラダでした。麻婆豆腐は、調味料に特色があって、日本式の味付けではなくて、けっこう本格的でした。ザーサイは、にんじんやキュウリの薄切りも一緒にあえてあって、小皿に大盛りになっていました。これで 600 円というのは安いと思います。
 ただし、ライスがちょっと固いところがあるようで、これはいただけません。十分蒸らしていないのでしょうか。
 調理担当の人は中国語オンリーのようでした。しかし、接客担当の人は日本語がぺらぺらでしたから、特に問題はありません。
 この店がオーツの行きつけの店になるかというと、微妙です。内装が新しくなったあと、もう1回は行こうと思います。その上で判断しましょう。
2013.12.31 追記
 再度、この店に行きました。その話を
http://o-tsu.seesaa.net/article/383987990.html
に書きました。
 よろしければご覧ください。
posted by オーツ at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック