2013年07月17日

大腸内視鏡検査(1)前日の食事

 オーツは、毎年人間ドックを受けています。今年は、検便の結果、便潜血反応がある、つまり、簡単に言えばウンチに血が混じっているということになりました。ごくわずかの血液が混じっているのでしょうが、現代は、検査技術が発達しているので、そんなのも検出できてしまうのでしょう。
 というわけで、大腸内視鏡検査を受けることになりました。
 某病院に行って、事前の打ち合わせをして、当日の朝、飲む薬を渡されました。
 それとともに、前日の3食についても消化のよいものを食べるようにという指示がありました。渡されたプリントにきちんと書いてありました。
 消化のよいものとは、ご飯、おかゆ、食パン、バターロール、素うどん、そうめん、はんぺん、ババロア、プリン、カステラ、ビスケット、白身魚、鶏肉豆腐、玉子です。
 プリントには、「鶏肉、豆腐」ではなく、「鶏肉豆腐」とありました。そういう名前の料理はあるものの
http://cook.h000.net/2008/05/%E9%B6%8F%E8%82%89%E8%B1%86%E8%85%90/
ここは「鶏肉、豆腐」のミスプリだろうと勝手に解釈しました。
 それにしても、鶏肉はよくて、豚肉や牛肉がそうでもないというのはよくわかりません。(まあ、どうせオーツは鶏肉もほとんど食べませんので、関係ありませんが。)
 逆に、消化の悪いものとは、海藻類(わかめ、もずく、ひじき、めかぶなど)、きのこ類(えのき、しめじ、しいたけなど)繊維が多い野菜(ねぎ、ほうれん草、にんじんなど)、イモ類、カボチャ、こんにゃく、ごま、いちご、キウイです。
 さて、こうなると、前日の食事も大変です。オーツが普段食べている野菜メインの食事ではダメなようです。うどんにも味噌汁にもわかめを入れるのが普通ですが、わかめは消化が悪いのだそうです。意外でした。
 オーツは前日の食事をこんなふうにしました。
 朝:玉子かけご飯、豆腐と麩の味噌汁
 昼:素うどん、プリン、ヨーグルト
 夕:ビール、豆腐(冷や奴)、ちくわ入り卵焼き、はんぺん焼き、カステラ

 朝の味噌汁の具は、考えても、豆腐と麩しか思い当たりませんでした。海藻類と野菜以外で何かあるでしょうか。玉子を落とし入れる手もありますが、1日に何個も玉子を食べてコレステロールが上がってしまうことが心配になります。あぶらげという手があるかもしれません。
 昼のうどんも、薬味がありません。いつもネギとわかめとミョウガ(たまに刻み海苔)を用意するのですが、全部消化の悪いものということになります。チューブ入りのわさびだけは入れましたが、調味料とはいえ野菜(のすり下ろし)でもあるわけです。ホントにいいのかどうか、わかりません。
 昼にはヨーグルトを食べましたが、乳製品(牛乳、チーズなど)が消化のいいものかどうか、わかりません。病院から渡されたリストには記載がありませんでした。まあいいだろうというオーツの素人判断で食べることにしました。
 夕方、豆腐を食べるときは、いつも刻みネギをのせていますが、ネギはこれまたダメです。ということは、鰹節と醤油だけかけることになります。
 玉子は、タマネギやキャベツなどと一緒に炒めて食べるのが普通なのですが、そういう野菜も食べないようにすると、単純なスクランブルドエッグになりそうです。しかし、ちょっと考えて、白身魚の代用で(すりみざかなでできた)ちくわを入れた卵焼きにしました。
 というわけで、とりあえず、1日分の食事としては十分でした。
 こんなこともブログに書いて記録しておけば、次回、大腸内視鏡検査を受けるときに役に立つことがあるかもしれません。
2016.5.26 追記
 再度、大腸内視鏡検査を受けることになり、前日の食事について考えてみました。
http://o-tsu.seesaa.net/article/438245177.html
をご覧ください。
posted by オーツ at 03:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック