2013年07月06日

韓国家庭料理 まっな(まんな)@桜上水

 最近できた韓国料理の店です。桜上水駅から甲州街道に向かう道に面しています。
 店先の看板には「まっな」と書いてありますが、お店の人は「まんな」と発音していました。「まっな」では発音できませんからねえ。「会う」とか「味がいい」とかいう意味だそうです。
 実は、下高井戸〜桜上水には、韓国料理の店がありません。
 かなり前には、下高井戸に焼肉苑があったのですが、閉店してしまいました。
2012.2.1 http://o-tsu.seesaa.net/article/249519736.html
 それから1年以上、ずっと韓国料理の店がないままでした。(桜上水には、焼き肉の叙々苑があります。でも、ここのランチでは千円では収まらないでしょう。それに、そもそもオーツは肉を食べないようにしています。)
 ようやく一つ気楽にいける韓国料理の店ができた感じです。
 さっそく、ランチを食べに行ってみました。
 お店は、オンマが一人で切り盛りしています。カウンターが4席、それに5人がけのテーブルが一つという小さな店です。
 カウンターの上には、紙のカバーの付いた韓国式のスプーンと割り箸が置いてありました。韓国式の金属製の箸でないところがちょっと残念ですが、割り箸はそれなりに便利で清潔で使いやすいので、これでもいいでしょう。
 カウンターにあったメニューは、もちろん日本語で書いてあったのですが、女性客2人がそれを見ながらあれこれ相談していましたから、それを盗み見するのもかっこわるいと思いました。そこで、オーツは窓のところに貼ってあった料理の写真を見ました。しかし、それにはハングルが大きく書いてあり、日本語は小さな文字で、ほとんど読めませんでした。
 この店はちょっと注文しにくいかもしれません。
 オーツはスンドゥブチゲにしました。豆腐入りの鍋はオーツの大好物なのです。
 出てきたものは、あつあつのチゲ鍋にご飯(韓国式の金属製のお碗に入っていました)、それにナムルなど3種類の小鉢です。それぞれおいしくいただきました。スンドゥブチゲは、期待していたほど辛くはありませんでした。でも、おいしかったのでよしとしましょう。
 これで 780 円は安いと思います。
 久しぶりに韓国料理を食べたように思います。

 2回目に行ったときは、お店の担当が娘さんに変わっていました。お母さんは韓国に行ったという話です。
 今回はテンジャンチゲを注文しました。こちらもおいしくいただきました。780 円の価値は十分あると思います。
 オーツの行きつけの店になりそうです。
 今回は、カウンターの上の日本語メニューがありませんでした。でも、皆さん、ちゃんと注文しているので、ハングルが読めているのかと思いました。でも「冷麺」を「レイメン」と発音していましたから、文字を見て注文しているのではないことがわかります。ハングルだったら「ネンミョン」ですからねえ。

 できたばかりの店なので、食べログにも記載がありません。
2013.8.11 追記
 再度、この店に行った話を
http://o-tsu.seesaa.net/article/371693790.html
に書きました。
 よろしければご参照ください。
posted by オーツ at 03:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック