2013年06月01日

涼しいシート

 夏になると暑くなり、イスに座ると太もものところに汗をかいて不快です。
 そこで、数年前から「USBひんやりクッション」
2008.8.2 http://o-tsu.seesaa.net/article/104025328.html
を使うようにしています。
 ところが、昨シーズン、これが壊れてしまい、「USB ひんやりクッション2」
http://www.thanko.jp/product/1667.html
というのを買いました。後継機で、値段が 1260 円と圧倒的に安いものです。「MADE IN CHINA」です。
 しかし、使ってみると、通気量が不足していて、あまり冷えない感じです。さらに、使い始めて1週間ほどでファンが壊れてしまいました。風が出てこないのです。というわけで、「USB ひんやりクッション2」は捨ててしまいました。
 今年も、そろそろこういうのを使い始める時期です。オーツは、どうしようかと思いました。同じものを買ってもなあということです。
 ふと気になって、amazon を見てみると、
http://www.amazon.co.jp/%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%82%B3%E3%83%BC-USBHCU02-USB%E3%81%B2%E3%82%93%E3%82%84%E3%82%8A%E3%82%AF%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%EF%BC%92%EF%BC%9AUSBHCU02/dp/B0057M0678/ref=pd_rhf_cr_p_t_2_H885
「USB ひんやりクッション2」に関して4件のカスタマーレビューがあり、みんながファンが弱いといっていました。コメントを見れば、みんな同じように感じているということですね。こういうのを確認してから買えば(いやそもそも買わなければ)よかったですね。
 今年は、クルマ用の「クールエアーカーシート」というのを書斎で使うことにしました。
2013.5.13 http://o-tsu.seesaa.net/article/360962900.html
しかし、できたら、勤務先でも一つあるといいと思います。いや、むしろそちらの方が大事かと思います。オーツのオフィスは午後になると直射日光にさらされる位置にあるのです。しかも、節電ということで、中央コントロールで冷房が強制的に弱く(温度設定を高く)させられます。
 こういうシートの必要性は、暑い日中の大半を過ごすオフィスでこそ高いというわけです。
 さて、何にしましょうか。
posted by オーツ at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック