2013年05月24日

プリウスαの短所

 プリウスαの長所については昨日の記事で触れました。
2013.5.23 http://o-tsu.seesaa.net/article/363015857.html
 プリウスαの短所についても、オーツの感じたことを三つほどメモしておきましょう。
 まず、加速が悪いことです。アクセルをぐいっとかなり強く踏んで発進すればいいのですが、そうでないと周りのクルマに比べてちょっともたもたした感じになります。走行モードが(何も設定しなければ)「通常」モードになっていることも関係しているでしょう。「POWER」モードにすれば、加速がよくなります。しかし、オーツは燃費のほうを重視するタイプなので、「POWER」モードは避けたいと思います。「ECO」モードにすれば、さらに燃費がよくなるという話ですが、「通常」モードよりもさらに加速が悪くなるようなので、そこまではしたくありません。
 もう一つの短所ですが、これは今まで乗っていたウィッシュと比べた場合の話ではありますが、運転席周りの物入れが少ないと感じます。たとえば、ドアポケットが小さくて、A4の道路地図が入りません。オーツはよく旅行関連の情報をパソコンで調べて、プリンタに出して持参するのですが、そうするとA4になります。この紙の置き場にも困ります。二つ折りにすれば、もちろんドアポケットに入りますが、それでは(折った紙を広げる必要があって)不便です。また、ゴミ入れがないのも不便です。ウィッシュにもなかったのですが、コイン入れと飲み物置き場(ドリンクホルダー)を兼用する小さな引き出しをゴミ入れとして使っていました。ゴミのうち、一番困るものがガムのかみ終わったものです。紙に包んで捨てますが、さて、どこにどうすればいいのでしょうか。運転中にちょっと眠気を感じたときなど、ガムが活躍しますが、その後始末が大変そうです。やはり、電池の上の飲み物置き場をゴミ置き場として使うのでしょうかね。灰皿でもあれば、それをガム捨て場に転用するのですが、プリウスαには、最近の喫煙率の低下を反映してか、灰皿もありません。シガーライタはあるのですが……。
 それから、三つ目に、7人乗りのプリウスαに限った話ですが、運転席と助手席の間に設置されているリチウムイオン電池が邪魔です。電池はどんなときに邪魔と感じるでしょうか。
 第1に、運転席から後席まで車内を移動できません。車内のウォークスルーはダメということです。雨の日など、車外に出ずに後席に移動したい場合だってあるでしょう。でも相当に苦労します。まずできないと思います。
 第2に、駐車場によっては、ドライバーが助手席から乗り降りしたいこともあるでしょう。クルマをギリギリまで右の壁に寄せて駐車したいとかいうような場合です。これもきわめて困難です。
 第3に、助手席のシートに何か乗せておいて、(急なブレーキなどで)それが足元に落ちると、運転席に座りながら手を伸ばして拾い上げることができません。シートに肘掛けがついているタイプのクルマだと(前のウィッシュがそうでしたが)、肘掛けを跳ね上げれば、運転席から助手席の足元くらいまで何ということもなく手が伸ばせました。
 先日は、ちょっと風が吹いていて、窓を開けたら、助手席のシートに置いておいたレシートが風で飛ばされてしまいました。レシートは助手席の足元に落ちたのですが、これが拾いにくいのです。赤信号で止まったようなちょっとした時間では拾えません。オーツの場合は結局駐車するまでとれませんでした。意外な弱点でした。
2017.3.19 追記
 この話の続きで、もう一つの短所について書きました。
http://o-tsu.seesaa.net/article/448039507.html
内容が関連するので、ぜひご参照ください。
posted by オーツ at 03:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/363203869
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック