2013年05月10日

NHK−BSプレミアムで将棋名人戦を見る

 オーツは、テレビでは将棋をあまり見ないできました。
 オーツの好みとして、雑誌や新聞の紙メディアで読むほうが何となく自分に向いているように感じていたからでした。
 しかし、昨年から新聞を定期購読しなくなったので、その分、将棋情報に接することが少なくなり、NHKの教育テレビで日曜日の午前中にやっているNHK杯戦の将棋トーナメントを見るようにしました。早指し将棋ですが、かなり迫力があって楽しめます。1時間半があっという間に過ぎ去ります。30秒という早指しでありながら、プロはさすがという手を指すのです。感心します。
 そして、オーツの場合、最近は将棋名人戦の解説を見るようになりました。
http://cgi2.nhk.or.jp/goshogi/titlematch/
NHKのBSプレミアムで放送しています。第1局、第2局とも録画して、帰宅後に見ました。当日の進行が(録画ですから生中継ではありませんが)手に取るようにわかります。プロ棋士による指し手の解説がついていますので、わかりやすくてとてもありがたいと思います。
 実際、対局室のようすを生で中継しても、たいていは対局者が無言で盤面を見ている場合が多いですから、あまり意味がありません。それよりも、1日分をまとめて見せてくれる番組のほうがいいと思います。
 第3局は5月9日と10日です。昨日と今日です。昨日は帰宅後に1日目の放送を録画で見ました。今夜も(2日目を)見るつもりです。深夜には10分間の枠があって、勝ち負けを速報してくれます。
 将棋名人戦はオーツのひそかな楽しみです。
 ありがたい時代になりました。
posted by オーツ at 04:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック