2013年04月15日

「弁当マイナスご飯」は売っていないものか

 オーツは、岩手県まで1泊旅行に行ってきました。
 東北新幹線の発車がちょうどお昼前(11:46 上野発やまびこ59号)だったということもあり、駅で弁当でも買おうと思いました。しかし、クルマでなくて新幹線にした理由は、実は車内でビールが飲めるということにありました。旅情とは、車窓の景色を眺めながらビールを飲むことという一面もあります。
 さて、弁当とビールという組み合わせでもいいのですが、すると、おなかがいっぱいになってしまいます。弁当だけで十分な1食分のボリュームがあるわけですから、それにビールを追加すればビール分が余分です。むしろ、オーツの場合はビールが外せないと考えます。
 そこで、弁当でなく、ビールと一緒に楽しめるような食べ物があるといいのですが、これがなかなかないわけです。端的に言うと、「弁当マイナスご飯」です。普通の弁当から、ご飯だけ抜いてくれればいいのです。
 だったら、普通に弁当を買って、ご飯だけ食べ残せばいいじゃないかという考えもあるでしょうが、ここが貧しい時代を生きてきた人間の性(さが)で、十分に食べられる食べ物を残してゴミ箱に捨てることにはかなり抵抗があります。
 初めからご飯がなければ、ちょうどいいのですが……。
 そんな、いわば「弁当のおかず」だけの詰め合わせのようなものはないものでしょうか。
 2段重ねのお弁当(一つはおかずだけ、一つはご飯だけ)がありますが、そのおかず部分だけを売ってくれればいいのです。
 普通に弁当として食べるときは、白いご飯やおにぎりを追加することになります。ビールを飲みたいときは、それも可能です。
 まあ、スーパーやコンビニの棚を見る限りではそういう都合のいいものはないようです。
 どうしても、普通の弁当を選ばざるを得ず、ご飯分を食べ過ぎて太ってしまうか、ご飯を捨てるはめになります。
 こんなことを考えていたら、はたと思いつきました。
 出発前に、近所のスーパーに行って、弁当を買ってきて、ご飯分を取りのけて冷蔵庫にしまっておき、「弁当マイナスご飯」にして、それを持参すればいいということです。冷蔵庫のご飯は、帰宅後に食べることになります。あ、もっとも、いつになったらそのご飯が食べられるかという問題がありますが、……。ご飯ならば、まあ数日くらいは持つでしょう。
 実際は、……妻の主張に従い、おにぎりを何個か自宅で作り、駅までの道の途中でオリジン弁当に立ち寄り、何種類かのおかずを買うスタイルにしました。オリジン弁当は、おかずだけを買うことができるので、便利です。
 ちなみに、オリジン弁当では、いくつかの弁当メニューに関して「おかずのみ可」ということで、130 円引きにしてくれるようです。ただし、幕の内弁当は(いろいろ入っていてこれが望ましいのですが)「おかずのみ可」のサービスがありません。
2015.7.24 追記
 勤務先の近くのスーパーで「弁当マイナスご飯」を見つけました。
 その話を
http://o-tsu.seesaa.net/article/422899474.html
に書きました。
 よろしければご参照ください。
posted by オーツ at 04:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック