2013年03月14日

玄関外のランプが切れる

 オーツの自宅の玄関外(ポーチというのでしょうか、ちょっとした屋根が突き出しているところです)にあるランプの球が切れました。
 このランプは、人感センサー付きで、暗いときに人が近づくと明るくなる仕組みです。最近、夜自宅に帰ってきてもランプが点かず、鍵をドアに差し込むときに少し不便でした。
 球が切れたのだから、電球を買ってきて交換すればそれで終わりのはずですが、オーツは少しだけ心配しました。配線がおかしくなったとか、人感センサーが機能しなくなったとか、いろいろな原因が考えられます。どれなのか、わかりません。
 ある日、思い切って、ランプを外して、ミニクリプトン球が入っていることを確認し、それを近くのコンビニで 105 円で買ってきました。
 そして、電球を交換したのですが、その後、スイッチをどういじればいいのか、わからなくなりました。
 自宅の新築時にもらった取扱説明書を探してきて、それを見ながら、あれこれスイッチをいじりました。古い電球をセットした場合は、電球が点灯せず、新しい電球をセットすると電球が点灯することまで確認し、電球が切れたことが原因だと確定できました。
 大したことない作業といえばいえますが、いざ取りかかろうとしたときから通算すると、30分くらいはかかったでしょうか。
 まあ、こうして少しは自宅の備品に関する知識が増えた気がしました。
 なお、以前の 54 ワットの電球を 36 ワットのものにしました。少し暗くなりますが、大した差ではないし、このランプは、夜は人が近づいていないときでも、ごくわずかの照度でぼうっとついているのです。こういうランプは暗めにしてもいいように思います。

 一つ一つの用事は大したことないのですが、日常的にこういう用事がたくさん貯まっている感覚です。少しは机の周りを整理したいものです。

 ちなみに、こういうちょっとしたことでもブログに書いておくと、過去の経緯がわかります。
 前回、この照明器具の電球が切れた話
2010.11.13 http://o-tsu.seesaa.net/article/169214882.html
は、たった2年半前のことですが、すっかり忘れていました。14年で初めての購入のような気がしていました。
 また、昨年、別のトラブル(ランプが点きっぱなしになること)を経験した
2012.7.17 http://o-tsu.seesaa.net/article/281417891.html
ことも忘れていました。
 ブログは万能のメモ帳のようです。
 電球の交換をする前に自分のブログを見ておけば参考になったのに、そうしなかった点は悔やまれます。
2013.4.13 追記
 交換した電球が再度切れました。そのときの経緯を
http://o-tsu.seesaa.net/article/355116268.html
に書きました。
 よろしければご参照ください。
ラベル:玄関 ポーチ 電球
posted by オーツ at 05:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック