2013年02月05日

「ダニエル・ビダル」か「ダニエル・ヴィダル」か

 先日、オーツが昔ファンだったダニエル・ビダルについて、このブログに書きました。
2013.1.31 http://o-tsu.seesaa.net/article/317169758.html
 この歌手は Daniele Vidal というスペリングです(wikipedia によれば最初の「e」にアクサン・グラーブがついていますが、CD の表紙にはついていません)が、CD にも「ダニエル・ビダル」と書いてあります。「ヴィダル」ではありません。
 外来語のV音を「ヴァ、ヴィ、ヴ、ヴェ、ヴォ」で表記したいという人々がある程度いるようですが、日本語では元々BとVを区別するようなことはありませんでした。まあ、そういう区別がしたい人がいたからこそ「ヴ」のような変なカナ文字が発明されたのでしょう。
 オーツが約40年前、クラシックのコンサートに行き始めたころ、コンサート会場の入口付近で配られるチラシ類や当日のプログラムでは、バイオリン、ビオラ、ベートーベンという表記がごく一般的でした。「ヴァイオリン、ヴィオラ、ベートーヴェン」などというのは見かけたことがありませんでした。
 ところが、この10年くらいでしょうか、チラシやプログラムが見事に変わってしまい、今や「ヴァイオリン、ヴィオラ、ベートーヴェン」などという表記がむしろ一般的になってしまいました。
 オーツはこの問題に関しては、「外来語は日本語なのだから、日本語として表記すればいいのであって、外国語にある区別をそのまま保つ必要はない」と思っています。ですから、BとVの区別は日本語として不要です。
 原語のBとVの区別をしたいのなら、RとLだって区別するべきだし、SとTHだってきちんと使い分けるべきでしょう。「サンキュー」などという表記は早く他の書き方にするほうがいいということになります。英語の問題だけに限りません。中国語の四声だって日本語でそのように表記(あるいは少なくとも発音)するべきで、四声を無視したら、中国語で区別しているものを日本語で区別できなくなります。たとえば、麻婆豆腐(マーボードウフ)を発音するときは「マー」を高く平らに発音するべきです。(そして「ボ」で下がり、「オ」で上げます。)共通語で普通に見られる発音のように「マ」を低く、2拍目の「ア」を高くする(そして「ド」までをずっと高くして「ウ」から下げる)のは中国語の声調をねじまげているのでおかしいということになります。
 しかし、そういう議論は、英語や中国語としての発音の問題であって、日本語としては、日本語の中で区別するべきものを区別すればそれで十分であり、それ以上の区別は不要です。四声の区別なんて無視すればいいだけです。それと同じで、日本語ではBとVの区別はしなくてよいのです。
 しかし、クラシック業界は、そういう日本語の慣習を破ってしまい、今やBとVを区別する立場の人が多数派になってしまったかのようです。
 さて、話を戻して、ダニエル・ビダルです。
 Yahoo 検索エンジンでちょっと調べてみると、次のようです。
"ダニエル・ビダル"  46,500 件 "ダニエル・ヴィダル"  9,880 件
"バイオリン"    9,390,000 件 "ヴァイオリン"    7,790,000 件
"ビオラ"       3,240,000 件 "ヴィオラ"      2,090,000 件
"ベートーベン"   2,380,000 件 "ベートーヴェン"  4,390,000 件

 「ビダル」が多数で、「ヴィダル」を圧倒しています。クラシック業界とは傾向が異なります。
 この人の名前を「ビダル」と表記するのは、ポピュラー業界だからでしょうか。それとも、40年前のBとVの区別などということが持ち込まれていない時代に活躍した人だからでしょうか。
 これはなかなかむずかしい問題です。機会があったら、少し調べてみたいものです。
 ダニエル・ビダルよりちょっと前に活躍したシルビー・バルタン(Sylvie Vartan)の場合は、"シルビー・バルタン" 52,600 件、"シルヴィー・ヴァルタン" 8,740 件、"シルヴィ・ヴァルタン" 36,300 件となります。
 "シルビー・ヴァルタン" 7,510 件、"シルヴィー・バルタン" 23,200 件、"シルヴィ・バルタン" 185,000 件などという不統一な表記が多数見つかります。"シルヴィ・バルタン" が一番多い表記だというのは、それこそ笑ってしまう結果です。こんな変な表記が一番多いのですねえ。

参考記事:
2008.2.17 http://o-tsu.seesaa.net/article/84371572.html
2008.2.13 http://o-tsu.seesaa.net/article/83790436.html
posted by オーツ at 04:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ことば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック