2013年02月02日

宅急便の配達は朝早い

 オーツの自宅に宅急便の配達がありました。
 ところが、オーツの帰宅が遅くなってしまい、ポストにあった「ご不在連絡票」を見てから電話したら、もう、当日の配達はしないとのことでした。時計を見たら 20:03 でした。ご不在連絡票によれば、当日の再配達の受付は20時までとのことでした。厳密な仕事ぶりです。はい、文句はありません。
 しかたがないので、翌日、朝一番に持ってきてくれるようにいいました。担当の方は、午前中(つまり12時まで)ということでしか受付できませんという話でした。まあ、そうとしかいいようがないのでしょうね。オーツはそれでいいといいました。
 さて、翌日、荷物の配達があったのは、朝 8:30 でした。いやはや、早いものです。これなら、前日の夜に届いたのと何ら変わりがありません。ヤマト運輸の人たちは、朝早くから動き出すのですねえ。感心しました。
 ところで、以前、似たような話で、郵便局の配達がありました。同じく、翌日の午前の配達を依頼したのですが、届いたのは12時近かったです。
 まあ、地域にもよるでしょうし、そのときの荷物の個数とか、配達する順番とか、さまざまなものが影響しているでしょうから、一概にはいえないものなんでしょうが、オーツの個人的経験(それぞれ数十回くらい)では、ヤマト運輸はだいたい朝9時ころには配達してくれると思います。郵便局の場合は12時近い場合が多いと思います。
 たかだか数時間の違いではありますが、人によっては大きな影響がありそうです。
 ヤマト運輸の場合、夜はけっこう遅くまで配達してくれるようなので、それだったら、アサイチの配達(たとえば、朝6時〜8時の時間帯)などという指定があってもよさそうなものです。朝、仕事に出掛ける前に荷物が受け取れます。
ラベル:宅急便
posted by オーツ at 06:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック