2013年01月05日

箱根旅行(3)和奏林

 和奏林は、箱根にある関東ITソフトウェア健康保険組合の保養所です。妻の勤務先がここに関係しているため、オーツも宿泊できました。
 12月31日に1泊しました。
 東京から箱根に行くとき、東名高速がかなり渋滞していたので、第三京浜から横浜新道を走り、さらに新湘南バイパス、西湘バイパスを走る形にしました。しかし、それでも西湘バイパスの終点の箱根口から国道1号線にかけて、渋滞していました。まあ、ここはいつも渋滞するところです。そこで、箱根新道を登って芦ノ湖に出て、そこから国道1号線を少し下るルートを使いました。こちらはずっと空いていて、快適でした。
 なお、オーツのカーナビでは、和奏林の電話番号で目的地をセットすると、かなり違うところが指し示されます。要注意です。和奏林は国道1号線に面しているので、地図
http://www.its-kenpo.or.jp/resort/tos_wasorin/
を頭に入れて、目で看板を探しながら走れば大丈夫です。
 宿泊費ですが、1泊2食で、妻は 5,250 円、オーツは 10,500 円で宿泊できました。しかし、内容は、とてもこんな金額では済まないレベルでした。
 部屋はずいぶん広いものでした。照明なども工夫されていました。温水プールがあり、18:00 まで使えるということです。プールには、お風呂の脱衣室を通って、出入りできます。プールの水はぬるい感じで、ちょうどいい温度で、30分くらい泳いだでしょうか。オーツたち夫婦以外には、子ども二人を遊ばせていた父親がいました。確かに子ども向けかもしれません。プールの形が長方形でないので、まっすぐ泳ごうとすると、ちょっと泳ぎにくくなります。
 プールで運動した後は、そのまま海水パンツを脱いで、お風呂に入りました。海水パンツ用の脱水機が脱衣場に置いてありました。
 内風呂の他に露天風呂も付いていました。露天風呂は、外気温が0℃前後で、濡れた頭がしゃきっとする感じです。内風呂に戻ると、メガネがさっと曇ってしまいました。けっこうな温度差があるので、ちょっと立ちくらみ気味でした。
 夕食は、一番普通のコースを選びました。「師走月料理献立 その1」でした。1日おきに2種類のコースを用意しているようです。
http://www.its-kenpo.or.jp/resort/tos_wasorin/restaurant12_01.html
http://www.its-kenpo.or.jp/resort/tos_wasorin/image/restaurant-menu12_01b.jpg
 当日のメニューを、以下に書き写しておきましょう。
1.先附三題 帆立と大根の博多
        手長海老 セルフィーユ
        胡桃味噌
       嶺岡豆腐
        トマト 隠元
        水前寺海苔
       馬鈴薯すり流し
        浅蜊 青葱
1.吸 物  清汁仕立
        京芋饅頭
        肉団子 人参
        軸菜 水雲
        針葱
        口、柚子
1.造 り  鮃昆布〆
       鮪小角
       勘八平造り
       甘海老
        芽物色々
1.凌 ぎ  紅鮭磯辺玉寄せ
        葱 ベーコン
        山葵 晒し葱
        べっ甲餡
1.焼 物  鰆味噌柚庵焼
        烏賊黄味焼
        セロリと蒟蒻の当座煮
        蓮煎餅
        酢取茗荷
1.強 肴  鯖大蒜風味焼 黒酢ソースかけ(オーツの選択)
       又は 豚ロース焼黒酢ソースかけ(妻の選択)
        玉葱
        ブロッコリー
        人参
1.酢の物  生海苔養老寄せ
        蟹身 朝月 生姜
        ラディッシュ
        人参
1.食 事  新潟産こしひかり
       香の物
       長ひじき汁
1.年越しそば(メニューには記載なし)
1.水菓子と甘味
       果物盛り合わせと胡麻団子

 1品ずつ運ばれてくるスタイルで、全部おいしくいただきました。
 飲んだものは、生ビールが 300 円、日本酒が「箱根山 和奏林 大吟醸」1合で 920 円、赤ぶどうのジュース 200 円ということで、これまた安く楽しめます。日本酒は、オリジナルブランドですが、おいしくいただきました。

 朝食は、元旦ということで、お屠蘇が用意されていました。3段重ねの杯でいただきました。
 目の前の重箱が見事でした。蓋を開けると、おせち料理がぎっしり詰まっていました。紙製の小さな凧(たこ)も入っていました。

hakone5.JPG

 元旦らしさを感じました。
 テーブルの上にあった紙のメニュー「新春お箸染め御献立」を以下に書き写しておきましょう。
1.重 詰 紅白蒲鉾
      田作艶煮 数の子味噌漬
      黒豆蜜煮 筋子正油漬 餅手網
      鰻巻玉子 鶏つくね
      鰆幽庵焼 鮭味噌漬焼
      蓮根射込 紅白膾(なます)
      養老海老 助子砧巻 鰊昆布巻
      双身椎茸 鶴京芋 叩き牛蒡
      慈姑 ねじり蒟蒻 梅花人参
1.平 皿 豚ロース香草焼
        馬鈴薯 人参 隠元 コンソメ餡
1.冷 菜 グリーンカール ハーブ
        玉葱 トマト ブロッコリー
1.雑煮椀 清汁仕立
        鴨ロース 舞鶴大根 梅人参
        椎茸 田芹 針柚子

      幸の物 梅干 焼海苔
1.果 物 蜜柑

 メニューにはありませんが、御飯も食べられました。雑煮には餅が入っていますので、それだけでも十分な気がしますが、梅干や焼海苔など、御飯と一緒に食べたいものもあります。

 会計すると、入湯税 300 円×2を加えて、17,470 円になりました。しかし、総合的には、二人で6万円レベルの旅館と考えるといいでしょう。
 おトクな保養所といったところでしょう。
 機会があれば、また泊まってみたいところです。大晦日に泊まるのがベストのように思います。
ラベル:箱根 和奏林
posted by オーツ at 02:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック