2012年12月30日

匯香苑@桜上水(4回目)

 匯香苑は、オーツがたびたびランチに行く店です。
2012.12.24 http://o-tsu.seesaa.net/article/309568730.html
2012.11.12 http://o-tsu.seesaa.net/article/301415699.html
2012.11.9 http://o-tsu.seesaa.net/article/301012447.html
 ある晩に、7人で忘年会をおこなうことになったので、オーツはここに行くことを提案しました。
 料理は、『究極』漢方鍋コース 3,580 円にしました。通常はもう少し高いようですが、12月から1月は、忘年会・新年会シーズンということで、安くなるようです。
 まずは、前菜3種が出てきました。これだけでもかなりの分量でした。
 次に漢方鍋です。鍋の汁は、紅湯(マーラーホンタン)と白湯(パイタンコラーゲン)の2種類があって、一つの鍋の中が区切られています。いろいろ体にいい(とされる)漢方のさまざまな食材が入っていました。お店の人が箸でつまみながら、これがクコ、これがナツメ、……と教えてくれましたが、そういうのはすぐに忘れてしまいました。
 タレは、ポン酢かゴマダレかとたずねられました。一人ずつ選べるという話でしたが、結果的に全員がゴマダレになりました。別途、刻んだ香菜やネギなどが小皿で出てきました。適宜タレに入れることにします。
 まずは野菜とキノコの盛り合わせが出てきました。豆腐や春雨、湯葉(?)(あとで調べると干豆腐のようです)、つくね、海鮮ダンゴなどもあって、けっこうな量です。肉も出てきました。豚、羊、牛肉の3種とのことです。出てきたものを鍋に入れて食べていくと満腹になります。紅湯は、見た目ほどには辛くありませんでした。
 途中で、大カキのオイスターソース炒めと小松菜炒めが出てきます。これまたおいしいです。
 さらに、鍋料理の〆に、生ラーメンが出てきます。これを食べるともう他は食べられない感じになるのですが、さらにさらに、小籠包とゴマ団子とデザートの杏仁豆腐が出て、コースは終了です。
 とにかくたくさん出ました。
 飲み物は、オーツが飲んだものは生ビールとカメ出し紹興酒でした。メンバーそれぞれが適当に飲みました。レシートによると、生ビール中 480 円×6、ジャスミン茶 300 円×3、カルピス 300 円×2、ユズサワー 380 円×2、梅酒 380 円、カメ出し紹興酒 500ml 1,580 円、冷酒一ノ蔵 550 円、ジンジャーエール 300 円ということです。それにコース料理が 3,580 円×7で、合計すると(10 円値引きで) 33,000 円ということで、コストパフォーマンスはいい方だと思います。中にはアルコールがダメな人が3人いたことも影響しているでしょう。
 たっぷり食べられた忘年会となりました。

 もらったレシートには、所在地や電話番号の記載がありましたが、肝心のお店の名前がありませんでした。
ラベル:匯香苑 漢方鍋
posted by オーツ at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック