2012年12月10日

ムンランギットカフェで月空カレーを食べる

 ふと気が付くと、下高井戸にアジアンテイストの店がオープンしていました。ムンランギットカフェといいます。
http://tabelog.com/tokyo/A1318/A131809/13145079/
 さっそくお昼に出掛けていって、月空(つきそら)カレー 900 円
http://tabelog.com/restaurant/images/Rvw/16012/16012855.jpg
を食べてみました。
 ここは、カレーの辛さをいろいろ調整してくれます。とはいっても、初めて入った店では、何と言って注文したらいいか、わかりません。オーツは「辛目で」と言いました。出てきたものは、少し辛い程度でした。次回は、「大辛で」ないし「激辛で」と言ってみましょう。
 カレーは、もう1種類、ナシラウォンというインドネシア流のスープカレーもあるので、こちらも試してみたいと思いました。
 月空カレーは、黒いルーの中にゆで卵が入っており、これを夜空に浮かぶ月に見立てているわけです。香辛料に何を使っているのか、わかりませんでしたが、甘みと辛味が混じっている感じで、食べたことのない味でした。これはこれでおいしいと思います。
 辛いカレーが食べられるなら、オーツ的にはランチの行きつけの店にしてもいいかなと思います。(今はまだ保留中です。)

参考記事:
http://shimotaka.seesaa.net/article/300269705.html
http://shimotaka.seesaa.net/article/304688292.html
http://ameblo.jp/yarita-dc/entry-11364541644.html
再度、この店に行った話を
http://o-tsu.seesaa.net/article/352619659.html
に書きました。
 よろしければご参照ください。
posted by オーツ at 04:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック