2012年09月22日

マルエツ 新江古田駅前店 開店

 新江古田駅前に「マルエツ 新江古田駅前店」が開店しました。
http://www.maruetsu.co.jp/corporate/newsrelease/pdf/newsrelease120829.pdf
http://www.maruetsu.co.jp/index.php/shop/detail/9431
 9月5日のことです。
 さっそく、オーツは偵察に行ってみました。
 普段買っている近所のスーパー(みらべるやシモザキヤ)と比べてどうなんだろうと思ったのです。
 店内をざっと見た感じでは、みらべるやシモザキヤよりも2割くらい高い感じです。
 この店は、新江古田の駅前(地下鉄の駅なので、駅上というべきでしょうか)にあり、目白通りに面していて、地の利が抜群にいいところにあります。
 しかし、結局土地の値段が高いため、商品の値段も高めになってしまうのではないでしょうか。
 もう一つの問題は、自転車置き場です。駅に近いところにあるためか、自転車置き場のスペースが十分にありません。日常的な買い物では、自転車を利用する人がけっこう多いと思われます。ペットボトル入りの飲料とか、白菜や大根、じゃがいもなどの野菜類はけっこう重いものです。徒歩で買い物に行くと、手にぶら下げて帰るのが大変です。自転車だとずっと楽になります。
 ところが、駅前の一等地の場合、土地の値段が高いので、自転車置き場を十分に確保すると、お店の側の負担が大きくなります。また、駅を利用して通勤する人(お店を利用しない人)の中に、勝手にこういう自転車置き場に自転車を止める人も出てくるかもしれません。そうなると、店側が自転車置き場を増やしても無意味になります。
 そこで、お店としては、自転車整理人(兼、警備員)を配置することになります。開店前、閉店後の自転車の整理(ないし処分)を担当します。また、開店時間中も客の勝手な駐輪に目を光らせて、適宜たくさんの客に自転車で来店してもらえるようにとりはからう必要があります。しかし、これも店側のコストになります。
 自転車整理人がいると、自転車の乱雑な置き方はなくなりますが、客側にしてみれば、自転車が止めにくいということになります。
 来店者数を考えると、自転車置き場は、現状では狭すぎるでしょうね。
 これら2点を考えると、オーツは、この店で日常的に買い物をすることはなさそうです。
 率直に言って、競合店が強力すぎて、この店は長続きしないのではないかと感じました。
 さて、どうなりますか。
posted by オーツ at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 買物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック