2012年09月13日

倉乃@長野県上田市

 倉乃は、上田市に7人のグループ旅行で行って立ち寄った蕎麦屋です。
http://tabelog.com/nagano/A2004/A200401/20002335/
 長野県は、もともとおいしい蕎麦屋が多いことで有名です。
 地元の蕎麦屋でおいしいところを探して、ここにしてみました。地元の詳しい人におすすめの店をたずねて、さらに食べログの記述などを見てみて、その中から選んだということです。
 お店に到着したのは、土曜日の11時半ころでした。まだ空いていて、7人で一つのテーブルに座ることができました。
 メニューを見て、オーツはもり三昧
http://tabelog.com/nagano/A2004/A200401/20002335/dtlmenu/
にしました。盛りそばには3種類あります。ノーブランド(1,000 円)と、10割そば(1,200 円)と、倉乃(1,300 円)です。店員さんの説明によると、ノーブランドは二八そば、10割そばは、地粉と北海道産の粉をまぜたそば、そして倉乃は地粉 100% の十割そばだそうです。オーツは倉乃を選びました。
 今の期間は 100 円引きとのことで、1,200 円で食べられました。

kurano.JPG

 写真の右上に少し写っているのは、そばを揚げたおつまみです。お茶を飲みながら、これをポリポリ食べつつそばを待ちました。そばが出てきたころにはだいぶ食べ尽くしてしまいました。
 もり三昧というのは、くるみ、とろろ、天かすが付いてきます。くるみは、独自の容器に入っているので、そばを直接入れて食べてみましたが、かなり甘くて、オーツの好みではありませんでした。とろろと天かすは、すけ汁(ネギ、大根おろし、わさび付き)に入れて食べましたが、これはこれでなかなかよかったです。
 でも、やはり、何といってもそばが一番重要です。
 そばらしいそばでした。この店はおいしいと思います。
 12時過ぎに店を出るときにはけっこうお客さんが入っていました。さもありなんと思います。
 オーツのグループ内では、ちらしそばや、天ざるそばにした人もいましたが、大きなてんぷらが入っていて、そちらもおいしそうでした。もっとも、天ざるそばのてんぷらはかなりの量で、夕方の食事を考えると、そんなに食べて大丈夫なの(?)というレベルでした。(食べた人も、満腹感があったといっていました。)
posted by オーツ at 05:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック