2012年09月07日

和食 眞太@下高井戸

 下高井戸にある「和食 眞太」(しんた)は、最近できた店です。
 さっそくランチに行ってみました。2階にある店なので、気を付けないと見逃しそうです。
 会席コースは、主菜がいろいろあり、その中から一つ選びます。他に、八寸3種、茶碗蒸し、生しらす、生桜海老、揚げ物、とろろ、ご飯、味噌汁、おしんこ、甘味がセットになります。主菜以外は全部同じだそうです。
 主菜は、一番安い「づけ鯛刺し」の場合で 1,500 円です。メニューには「お昼限定」と書いてあります。ということは、夕方はそれ以外から選ぶことになります。すると、1,800 円から 3,500 円ということになります。
 オーツは 1,500 円のランチにしました。
 八寸3種は、三つの容器にそれぞれ盛られて出てきます。香りも味もよく、次が期待できます。
 茶碗蒸しは、蓋を取ると真っ青でした。普通の茶碗蒸しの上にアオサがのっているのでした。初めて見るとびっくりします。
 生しらすと生桜海老は一つにつながったペアの容器で出てきました。これまた味がよく、鮮度を感じさせます。
 揚げ物は、何種類かありましたが、「マリモあげ」は、大葉の千切りがまぶされたような形をして、全体をマリモに見立てたもので、丸く揚げられています。オーツは、店員さんの説明を聞いたとき、本物のマリモかと思って驚きました。見立てだけですね。ウグイスパンにはウグイスが入っていない(うぐいす色のあんこが入っている)ようなものです。
 「づけ鯛刺し」もおいしかったですね。ワサビが付いてくるので、それを少しからめながらいただきましたが、なかなかいいです。
 とろろは、粘り気が強いものでした。
 ご飯は白米ではなく、古代米のような色が付いていました。
 食べたものは、それぞれおいしかったですが、すべて、量が少な目でした。女性にはこのくらいでちょうどいいといえそうです。
 オーツは、ご飯をお代わりして食べました。
 トータルで、1,500 円のランチと考えれば、非常におとくでしょう。これから何回か利用したい店です。外から来るお客さんに、おすすめのランチを聞かれたら、ここを紹介するといいと思います。
 1,800 円で、何種類かのメニューがあるので、そのあたりならば負担感も少ないと思います。
 ただし、オーツは普段ランチを 1,000 円以下で食べているので、その基準からオーバーしてしまいます。食べるべきか、食べざるべきか、迷います。でも、たまには、千円を越えるランチもいいかもしれません。
 こういうおいしい店は、夕方はどんなだろうと気になります。日本酒を飲みながら会席コースを楽しむのもよさそうです。

参考記事:
http://shimotaka.seesaa.net/article/285632922.html
http://tabelog.com/tokyo/A1318/A131809/13144575/
2014.7.2 追記
 再度、この店に(夜でしたが)行った話を
http://o-tsu.seesaa.net/article/400819222.html
に書きました。
 よろしければご参照下さい。
posted by オーツ at 05:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック