2012年08月03日

行動ターゲティング広告を無効にする

 以前から、ネット広告は気になっていました。
2012.6.16 http://o-tsu.seesaa.net/article/275405937.html
 特に、楽天市場関連では、過去に調べた商品が(購入の有無は無関係のようですが)広告として表示されます。
 気になってしかたがないし、そもそも、誰かがオーツのパソコンの画面を見ると、オーツがこういうものに興味があることを知ってしまうわけで、まったく余計なおせっかいです。
 そこで、これをキャンセルすることにしました。
http://grp01.ias.rakuten.co.jp/optout/index.html?
から比較的簡単に手続きすることができます。
 このページには、以下のような説明が書いてあります。
当広告(楽天スーパーDBターゲティング広告)は、楽天株式会社にて管理している個人情報以外の楽天会員の情報(基本情報、楽天グループ内のサービス利用状況)や配信している広告のクリック実績を基に、サーバー上で統計処理し、お客様ごとに最適な広告を配信しているターゲティング広告です。当広告はクッキーを利用して配信しています。また、統計処理に利用しているサービス利用状況などの情報については、最長で過去1年間蓄積しています。この際、取得される情報に個人情報は一切含まれません。
当広告には楽天グループ及び他社広告主の広告が含まれます。また、楽天株式会社と提携している他社のサイト上に広告を配信することがあります。クッキー情報を提携他社サイトに提供することはありません。広告主に対しては、配信に関する情報(配信数・クリック数)を提供しています。

当広告の無効化をご希望の場合は下記の「無効にする(オプトアウト)」ボタンをクリックしてください。

 なるほど、こういうのを(行動)ターゲティング広告というのですね。
 ネット時代になって、めんどうな話が増えました。
posted by オーツ at 04:03| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコンとIT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック