2012年07月25日

香港旅行(7)新同楽魚翅酒家での夕食

 夕食は、ガイドブックで見て、新同楽魚翅酒家(Sun Tung Lok Chinese Cuisine)というレストランに行きました。1回くらいプチ贅沢をしようと思ったのでした。ここは店構えや内装もしっかりしていて、いかにもそれなりのランクの店であることを物語っています。
 メニューには、アラカルトもありましたが、2人ではバラエティがなくなりそうなので(アラカルトは大皿で出てくるに決まっています)、コース料理にすることにしました。セットメニューだけで1冊のメニューブックになっており、一人当たり数百ドルのものから数千ドルのものまで幅広く選べます。オーツたちは、ミシュランコースの安いほうで、1380 ドルのものを選びました。
 飲み物は、アサヒビール(52ドル)、青島ビール(42ドル)を飲みましたが、それぞれが小瓶でしたから、やや高めの設定です。それに10年ものの紹興酒のボトル(古越龍山)480 ドルを頼みました。2人で飲むともう十分です。
 そういえば、はじめにジャスミン茶をもらいましたが、会計時のレシートには36ドルとしっかり書いてありました。また、レシートには前菜20ドルというのもありました。これは揚げたピーナッツです。こんなものにまでしっかりお金を取るのですね。
 コース料理は、1皿ずつナイフとフォークがついてきました。つまり、フランス料理みたいなものです。ただし、味付けは広東風です。お皿までこだわっていました。

hk12.JPG

 ここでナマコも食べることができました。

hk13.JPG

 メインディッシュの最後が牛肉でしたが、これがちょっと量が多めで、おなかにとどめを刺された感じでした。

hk14.JPG

 それぞれの料理がおいしく、満足しました。さすがにこのクラスのレストランならば、はずれはないものです。(はずれていれば、客が入らなくて、店がつぶれてしまいます。)
 コースの途中で、コンソメスープが出されました。また、最後には「杏仁茶」が出てきました。こちらは杏仁豆腐の汁みたいな感じで、こってりした甘さです。さすがにオーツには合わないと思ったので、1口飲んで、あとはスキップしました。
 会計すると、3484 ドルに10%のサービス料が乗って、3832 ドルでした。2人の1回の食事としては、ちょっと高めでした。3万8千円と考えると、日本でもそれなりの値段でしょう。このレベルになると、日本と値段も変わらなくなります。ウェイター・ウェイトレスが日本語を話さないことだけが日本と違うところです。
posted by オーツ at 05:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック