2012年05月23日

孫の成長

 孫の成長は早いものです。もう1歳半になりました。
 先日、オーツのところに遊びに来たときは、顔の表情がすでに赤ちゃんのそれではなくなっていて、子供っぽくなっていました。
 孫は積み木で遊びました。この積み木は息子が小さいときに使っていたもので、30年後にまたお役目が回ってきた形です。積み木を高く積み上げ、自分の背の高さくらいまで積み上げると、わざと手で倒します。そのとき、目を細めて楽しそうに笑います。エヘヘヘ……。そしてまた1から積み始めます。何回も、積んでは崩し、積んでは崩ししていました。
 おやつタイムになりました。どんなものを食べるかと息子に聞いたところ、海苔がいいという話。ウソみたいです。全角海苔1枚を孫に手渡すと、適当な大きさにちぎりながら、口の中に自分で運びます。何回もちぎっては食べ、ちぎっては食べしていると、とうとう1枚分の海苔を全部食べてしまいました。こういうものが好きだということはとてもいいことです。ママの育児方針が影響しているのでしょう。

 次に来たときには、ママが作ってくれた弁当持参でした。テーブルの上に弁当箱を広げたのですが、オーツの自宅には幼児用のイスがないので、テーブルが高すぎます。そこでオーツが孫を膝の上に座らせて、食べさせました。こんな形で、テーブルの高さはちょうどよかったです。孫は、自分でスプーンを使って弁当箱からいろいろ取りだして上手に口に運びます。ときおり手づかみになります。たまに失敗して床にぼろぼろとこぼしてしまいますが、全体的にかなりの量を食べました。
 膝の上に孫を乗せていると、ちょっと体温が高いのがわかります。頭では理屈がわかっていても、それを実感すると、何だかうれしくなってしまいます。
 孫はいろいろなことばを口にします。
 部屋に飾ってあった息子と嫁の結婚式の写真を見て「パパ」とか「ママ」とか言います。自分の写真(半年くらい前の)を見たときには「マナ」(孫の名前)といいました。こんなこともわかるのですねえ。
 帰りがけに、孫が玄関で「くつ」と言いました。そうそう、「くつ」がたくさんあるねえ、などといって送り出したのですが、ふと気がつくと、孫のかわいい靴が玄関に取り残されていました。自分の靴があることに気がついて「くつ」と言ったというわけです。なかなか頭がいいと思いました。
posted by オーツ at 05:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック