2012年05月03日

圧力IHジャー炊飯器

 オーツの自宅で使っている炊飯器が傷んできたので、しばらく前から炊飯器を買い換えようと思っていました。
2009.12.24 http://o-tsu.seesaa.net/article/136084780.html
2009.1.31 http://o-tsu.seesaa.net/article/113436555.html
しかし、まだ使えるものを捨てて新しく買うというのは「もったいない」という意識もあって、なかなか決断できないままでした。
 このたび、妻が新しいのを買うように主張したので、これを機に、炊飯器を買い換えることにしました。
 以前も象印のものを使っていたので、象印の製品情報をネットで調べて、圧力IHジャー炊飯器 NP-SB10 に決めました。これは「極め羽釜」(きわめはがま)が特長です。
http://www.zojirushi.co.jp/syohin/ricecooker/kiwamehagama2011/npsb/index.html
 キャッチコピーでは「象印史上最高峰のおいしさを求めて 伝統の炊き方が、よみがえる「極め羽釜」」などと書いてあります。
 とはいえ、どの程度ご飯がおいしく炊けるのかは、使ってみるまでわかりません。
 ちょっと高そうでした(定価は 115,500 円もします!)が、kakaku.com で調べてみると、最安値の店で 39,122 円で買えることがわかりましたので、ここに注文しました。2日後には自宅に届きました。早いものです。ネットショッピングさまさまです。
 今回は、圧力式の炊飯器なので、ちょっとだけ注意が必要です。下のページを読んで勉強しておかないといけません。
http://www.zojirushi.co.jp/syohin/ricecooker/kiwamehagama2011/npsb/description.html
 実際、使ってみた感じでは、心なしか、今までの炊飯器(1万円くらい)よりもおいしいような気がします。
 とはいえ、味の差は微妙で、値段ほどの差はないようにも感じました。
 考えてみると、オーツはいろいろな商品を買うときに、安いものを買うように心がけてきましたが、最近はちょっと考え方が違ってきました。ある程度歳をとってきたので、生活に余裕が出てきたのかもしれません。少し高くてもいいものを使いたいという感覚です。まあ、今までの生活習慣がそう簡単に変わるものでもないので、家の中には家電製品や家具などで安物があふれているわけですが、順次買い換えるときにいいものを選ぶようにしていくと、20年くらいでかなり身の回りが変わっていくでしょう。
ラベル:象印 炊飯器
posted by オーツ at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 買物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック