2012年03月06日

食堂と禁煙

 最近は、あちこちで禁煙の場所が増えてきました。
 オーツは、生まれてからこの方、タバコをすったことがないので、タバコがどんな味か、知りません。知りたいとも思いません。
 さて、先日、オーツが某食堂でランチを食べていたときのことです。お昼時なので、お店は混み合っていました。小さな2人掛けのテーブルにオーツが1人で座って食べていました。すると、隣のテーブルに男性の2人組がやってきました。イスに座ると、店員さんに注文を出して、その1人がすぐにタバコに火をつけました。
 いやはや、まいりました。
 二つのテーブルの間隔は 10cm くらいだったでしょうか。2人用のテーブルとはいえ、つなげて4人で使うことができるように近くにセットされていたのです。
 そこでタバコをスパスパやられると、タバコの煙で料理の香りが全部すっとんでしまいます。せっかくおいしく食べていたのに、明らかにじゃまされた気分になりました。
 それにしても、こういう公共空間でタバコを吸う人なんて、いったい、何を考えているのでしょうか。まったく無神経な人です。
 また、レストランや食堂では、なぜ禁煙にしないのでしょう。
 オーツは、この食堂によく行きますが、行くことをやめようかと思いました。それくらいに不愉快な経験でした。
2012.8.4 追記
 その後、この店に禁煙を提案する手紙を送りました。
 その話は
http://o-tsu.seesaa.net/article/284691435.html
に書きました。よろしければご参照ください。
ラベル:禁煙 タバコ 食堂
posted by オーツ at 07:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック