2012年02月08日

IH ヒーター

 オーツの自宅では、台所でずっと使ってきたガスコンロを撤去し、IH ヒーターを導入しました。
 三菱の「CS-PT31HNWSR」
http://wwwl1.mitsubishielectric.co.jp/wink/shohinDisplay.do?productId=201118&categoryCode=28101212
という機種です。
 オーツも妻も、だいぶ歳をとってきましたので、ガスコンロの危険性を考えて IH ヒーターにしました。
 ガスは、実際に燃焼するものですから、つけっぱなしにして過熱から火災になりやすいことや、袖口などから衣服に燃え広がることがあることなど、心配なことがありました。特に、歳をとってきて、目が悪くなったり、手元がおかしくなったり、頭がこんがらかってきたりすると危ないと思います。
 そんなことを考えて、まあ、いつかは IH ヒーターにしようと思っていましたが、縁があって、このたび思い切りました。

 届いた IH ヒーターですが、最大 3kW が二つあって 6kW(実際は 5,800W らしい)が最大出力です。もう一つ小さなヒーターがあるので、3個口になっています。自宅の電気の契約は 10kVA つまり 10kW なので、フル出力してもたぶん大丈夫だろうと思います。
 オーツの自宅では、冬にブレーカーが落ちることが何回かありましたが、
2008.12.31 http://o-tsu.seesaa.net/article/111900792.html
現在は、電気を無駄遣いしがちな息子が、生活を別にしましたので、ブレーカーが落ちる心配もないと思います。

 IH ヒーターを導入して困ったことが2点ありました。
 一つは、台所の換気扇が動かないトラブルに見舞われたことです。工事業者によれば、換気扇がガスコンロとの連動型だったためでした。コンデンサがやられてしまったとかいうことで、結局、換気扇を新しく取り替えました。(無料で交換してくれました。)IH ヒーターの場合は、ガスコンロと違って、何かを燃焼させるわけではありませんから、換気扇の必要性はあまり高くないのですが、換気扇なしではなべから出る湯気や煙などが室内に飛び散ってしまうので、やっぱりあったほうがいいと思います。揚げ物の時の油煙も、ちゃんと外に出したいと思いますが、最近は、あまり揚げ物をしないので、こちらはあまり問題になりません。高齢者夫婦の世帯ではみんなそんなものでしょう、たぶん。
 もう一つは、麺類をゆでるときに使っていた山本なべが使いにくくなってしまったことです。山本なべは、鍋の上のほうの面積が大きく、底面は狭くなっています。そのため、麺類をゆでるとき、ガスコンロの火力を下げなくてもふきこぼれしません。ところが、この形状のため(つまり底面が狭いため)、IH ヒーターで使うと、鍋の発熱部分が小さくなり、大量のお湯を十分に沸騰させることができないようなのです。オーツは、当初、山本なべがまったく使えないだろうと予想していましたので、お湯が沸いたときには嬉しく思ったのですが、その先に問題が残りました。
 というわけで、IH 用の山本なべに買い換えるか、どうするか、今悩んでいます。
2012.5.6 追記
 この話の続きを
http://o-tsu.seesaa.net/article/268699274.html
に書きました。
 よろしければご参照ください。
ラベル:IH ガスコンロ
posted by オーツ at 05:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 買物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック