2012年01月23日

ケータイの機種変更

 オーツの場合、前回の機種変更
2007.10.6 http://o-tsu.seesaa.net/article/59124444.html
からだいぶ時間が経ち、そろそろケータイの機種変更をしなければと思っていたのですが、
2011.11.24 http://o-tsu.seesaa.net/article/236716309.html
2010.1.31 http://o-tsu.seesaa.net/article/139824263.html
先日、とうとう機種変更してしまいました。
 今回は、スマートフォンにしようかどうしようかと迷っていましたが、外出先でスマホをいじることはあまりなさそうだと判断し、ガラケーで行くことにしました。
 オーツが選んだのは、K006 という機種です。
http://www.au.kddi.com/seihin/ichiran/mobilephone/k006/index.html
無料で機種変更ができました。
 オーツ流のケータイの使い方を考えたら、音声で通話できて、メールが送受信できて、カメラがついていれば、それで十分です。それ以上の機能があっても、たぶん使いそうにありません。
 au ショップで機種について相談しても、こちらの機種はおサイフケータイがついていて(使いません!)、これこれのゲームが入っていて(ムダです!)、音楽が聴けて(聴きません!)、……などと、オーツの使い方に合いません。
 というわけで、一番シンプルな K006 にしました。
 色は3種類ありましたが、オーツは色にこだわりません。機能がしっかりしていれば、何でもいいと思います。その au ショップには、白も黒も在庫がなく、ディープピンクだけがありました。ピンクは、さすがに、女性向けかと思いましたが、「まあいいや」ということで、これを選びました。
 外に持っていったときなど、スーツのポケットからこれを取り出して通話でもすると、違和感があってちょっと目立ちそうです。
 3人まで登録できる短縮ダイヤル機能があります。妻と二人の子供を登録しておきました。日常の使用にはこれだけで十分です。オーツはケータイを持ち歩きませんし、着信があっても出ることはまずありません。自分からかけるときだけ使いますが、かける先はたいていこの3人だけです。
 このケータイは、買ってから気がつきましたが、辞書付きでした。カナ漢字変換とは別に、モバイル辞典ということで、国語辞典、英和辞典、和英辞典がついていて、100件までの検索履歴も残る仕組みです。「単語帳」といって、辞書の記述を各辞典ごとに100件まで記憶しておける機能もあるのですが、これは余分でしょう。登録がめんどくさいし、そんなことをするより再度引くほうが簡単です。

 さて、今回のこの機種は、これから何年使えるでしょうか。
 au から変更するようにいわれなければ、(充電池を交換しつつ)10年くらいは使いたいものです。
posted by オーツ at 05:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 買物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック