2012年01月09日

梅屋山荘

 梅屋山荘は昨年も泊まった宿です。
2011.1.11 http://o-tsu.seesaa.net/article/180070476.html
2011.1.10 http://o-tsu.seesaa.net/article/179909224.html
 今年も、1月2日に1泊しました。
 今回、昨年の疑問(シシ鍋のイノシシはどうするのか)に解答が示されました。
 宿の入口のところに、イノシシが1頭ぶら下がっていたのです。
inosisi.JPG
 下に血だまりができるので、受け皿がおいてありました。
 肛門のところがえぐられていて、中が見えました。なるほど、こうやって腸などを取り出しておかないと、糞が詰まったままになり、腐敗しやすいのでしょう。普段、こういうシーンにはお目にかからないので、オーツは知りませんでした。

 食事は、例によってたっぷりと出ました。
umeya5.JPG
 夕食には、昨年のシシ鍋ではなく、牛肉の入ったすき焼き鍋が出ました。大きなエビフライもありました。刺身もおいしくいただきました。
 オーツは、ビール1本と日本酒(冷酒:地元の根本酒造の本醸造生貯蔵酒 300cc)を飲んで、いい気分になりました。
umeya6.JPG
 三が日は餅つきがあります。8:00 からでしたが、外で行いました。ゆかた+ちゃんちゃんこの姿ではちょっと寒かったですね。
 もっとも、豪快にたき火が燃えていましたから、そこで暖まればいいのです。
umeya7.JPG
 臼と杵によるつきたての餅を食べるのは格別でした。オーツは2個でやめておきました。その後、ちゃんとした朝食が出るからです。
 宿泊客の中には、餅だけで朝食になってしまうという感想を漏らす人もいました。そうなんです。餅がおいしくて、お代わりして食べたりすると、それだけでも満腹になる感じです。
 朝食もしっかりしたものが出ました。
umeya8.JPG
 雑煮も出ました。お椀の中の餅は、つきたてではなく、四角に切ったものが焼かれて入っていました。これはこれで香ばしくてけっこうでした。
ラベル:梅屋山荘
posted by オーツ at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック