2011年11月13日

スーパーみらべるの出店で、シモザキヤの鮮魚コーナーがなくなった?

 このブログでは、江古田の「スーパーみらべる」について、何回か書いたことがあります。
2011.5.5 スーパーみらべる江古田店の立地条件
http://o-tsu.seesaa.net/article/198464804.html
2011.4.20 スーパーみらべるが都市型スーパーである件
http://o-tsu.seesaa.net/article/196684813.html
2011.4.10 スーパーみらべる 江古田店
http://o-tsu.seesaa.net/article/195100986.html
オーツは、たまにスーパーみらべるで買い物をします。全体に安くてありがたいと感じています。
 さて、そこから北の方に 400m ほどいったところに、地元資本による小さなスーパー「シモザキヤ」があります。最近、といってもこの数ヶ月間ですが、シモザキヤの鮮魚コーナーが閉鎖されています。
 もともと、鮮魚コーナーはシモザキヤの直営ではなく、店内店舗でした。会計はシモザキヤの全体のレジで済ませますが、商品に貼られた値札などでは別の店の名前になっていました。つまり、この店内店舗が撤退したというわけです。オーツは、スーパーみらべるにお客を奪われたのだろうと見ています。
 その空いたスペースがしばらく埋まらない状態が続いています。大きな冷蔵庫が空っぽのままです。電気は通じているようで、かなりのムダですが、電気を止めたりすると、冷蔵庫が機能しなくなるのでしょうか、何らかの事情があるのでしょう。
 一時、シモザキヤが冷蔵庫内にバターやチーズなどをおいていた時期もありましたが、こちらもなくなってしまいました。うまくいかないのでしょう。大きな冷蔵庫にちょこんと商品が置いてあっても、何か変な雰囲気です。
 かなりのスペースが空っぽだと、お店の全体的な雰囲気も悪くなります。
 しかし、ここに入る鮮魚店は、相当によく考えなければなりません。よほど覚悟して取り組まないと、つぶれます。
 オーツの感覚では、普通の鮮魚店では、みらべるに太刀打ちできないのではないかと思います。オーツはよくみらべるで刺身の盛り合わせを買って食べますが、3点盛りで 499 円、4点盛りで 600 円くらいです。ちゃんとおいしく食べられます。この値段と量と質を考えると、近くにあった別のスーパー(以前、オーツが刺身を買うことが多かった店)より絶対におトクです。そういえば、シモザキヤの鮮魚コーナーでは刺身の盛り合わせはおいてありませんでした。
 刺身だけではありません。みらべるではさまざまな魚の切り身などが安い価格で売られているわけです。
 ということは、シモザキヤの鮮魚コーナーに入ろうとするお店は、それに対抗できるような品揃えと量と質と価格で勝負しなければなりません。
 オーツが江古田近辺の魚屋をのぞいてみたり、江古田からちょっと足を伸ばして別のスーパーに行ってみたり、旅先や勤務先の近辺のスーパーを見てみたりした経験では、スーパーみらべるは大変な競争力を持っているように思います。鮮魚に関して、これほどの品揃えと量と質と価格の店は見あたらないということです。
 シモザキヤの鮮魚コーナーが埋まらないのは、それなりの理由があってのことです。
 このような競争は、消費者側から見ればありがたい話ですが、商売をやっている側から見れば、厳しい話でしょうね。
 この件、どうなるか、注視していきたいと思っています。
posted by オーツ at 05:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 買物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック