2011年10月30日

自転車の乗り方を知らない人が多い

 オーツが都内をクルマで走っていたときのことです。往復2車線の道路で、クルマはゆっくり流れていました。
 突然、左側の路地から自転車が飛び出してきて、左折して、オーツの前に入りました。クルマの列はゆっくり流れていたので、オーツが急ブレーキを踏んだというほどにはなりませんでしたが、やはり、ブレーキを踏みました。
 オーツがこの自転車の動きで問題だと思ったことは、路地から広い道路に出て左折するとき、運転者が右側(から来るクルマ)をまったく見ていなかったことです。一時停止して左右を(特に右側を)確認して、それから左折すれば安全です。クルマの運転に慣れてくると、自転車に乗るときもこんなことになるのですが、自転車だけに乗っていると、そんな気分にはなかなかならないのかもしれません。
 自転車に乗っていたのは、男子高校生のようでした。学生服らしきものを着ていました。自転車の運転のしかたを知らないとしか思えません。自転車はハンドルを持ってペダルをこげば運転できるというものではありません。道路の状況を判断し、周りのクルマや自転車の動きに合わせて行動できるようになって、やっと「運転できる」状態になるのです。
 さて、それから少しいって、オーツはその自転車を追い越し、前方の赤信号で止まりました。交差する道路は一方通行らしき狭い道路でした。止まっているオーツのクルマの左側を例の自転車が走ってきて、赤信号を無視して交差点を横断していったのです。そのとき、ちょうど交差する道路をトラックが走ってきて、自転車とぶつかりそうになりました。トラックは急ブレーキをかけ、クラクションを鳴らしました。
 ヒヤリとしました。
 交通信号を守るべきだという建前論を主張してもいいですが、それは子供に対する言い方です。(高校生だから子供でしょうか。)もしも、赤信号を無視するなら、自転車に乗る人の責任で左右を確認してクルマが来ないことを確認してから横断してほしいと思います。
 自転車は、交差する道路の左右をまったく確認せずに普通のスピードで赤信号の交差点を横断していきました。これがいかに危険なことか、まったくわかっていないということです。
 今回は、自転車とトラックは接触もしなかったので、特に双方に被害はないと思いますが、それでも、場合によっては、トラックの積荷が崩れたり、運転席付近に置いてあるものが前方に飛び出したりして、車内が予想外に大変だったりすることがあります。
 同じ自転車が数分もしないうちに2回も危険な運転をしていたことになります。オーツはちょっとあきれました。たぶん、遠からず、この自転車の高校生は事故を起こすだろうと思います。自分自身で事故に遭遇しない限り、この自転車の男は安全運転というものを理解することはなさそうです。
 もしも、自転車とトラックがぶつかっていたとしたら、……。おそらく事故の責任はトラック側に重く認定されるでしょう。トラック側が8割くらいでしょうか。日本では、青信号を普通に走っていて、赤信号無視の自転車が飛び出してきても、トラック側の責任が重いのです。なぜかといえば、交差点ではクルマは徐行運転しなければならないからです。こういう話を聞くと、何か、不公平感があります。

 オーツがたまたま見かけた話ですが、普段クルマを運転していると、こんな運転をする自転車がやけに多いのです。自転車は便利な道具ですが、安全な乗り方を心得て乗ってほしいと思います。
ラベル:自転車 赤信号
posted by オーツ at 04:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック