2011年10月08日

ちきりん(2011.1)『ゆるく考えよう』イースト・プレス

 オーツが読んだ本です。「人生を100倍ラクにする思考法」という副題が付いています。
 ちきりんのブログ(Chikirinの日記 http://d.hatena.ne.jp/Chikirin/)は、オーツのお気に入りのブログの一つです。その記事を編集して本ができたということで、期待して読んでみました。
 こんなことをいうと申し訳ありませんが、期待していたほどではありませんでした。
 ブログでは、ハッとするような意見がたくさんあり、(今でもそうです)読むのが楽しみなのですが、本になったら、迫力がありません。記事の選び方が悪かったか、編集者(あるいは著者?)が手を入れすぎたか、原因は不明です。ブログで読んでおもしろく思ったものなども、本に再録されていますが、今読んでもピンときません。
 はじめて読む場合と2回目に読む場合の違いなのでしょうか。
 ブログと本との違いでしょうか。
 期待感が大きかった分、残念に感じました。
 どうしてこんなふうに感じるのか、不思議でした。


ラベル:ちきりん ブログ
posted by オーツ at 05:13| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック