2011年09月22日

五輪鮨@五反田

 午後、五反田のほうに用事があったので、お昼を五反田駅前で食べようと思いました。
 入ったのが「五輪鮨」です。
http://www.gorin-p.jp/
 あまり目立たないビルの8階にあります。
 ランチの営業は、11:30 からです。オーツは 11:40 に店に入りました。しかし、お店の中はすでにけっこうお客が入っていました。オーツは、カウンターに座ったのですが、カウンターのいくつかの席には、おしぼりとしょうゆを入れる小皿と箸と直径 10cm くらいのお皿とが用意されていました。10cm の皿が何のためにおいてあるのか、わかりませんでした。普通、寿司屋にそんなものはありません。
 まず、店員さんが大きな湯飲みに入ったお茶を持ってきてくれました。
 オーツはメニューを見て、旬にぎり 1.5 人前 1,100 円を注文しました。
http://www.gorin-p.jp/cgi-bin/gorin-p/siteup.cgi?category=2&page=0
 カウンターは10席くらいあったでしょうか。そこにも数人が座って、注文品が出てくるのを待っていました。
 しばらくすると、お椀(吸い物)が出てきました。魚のあら入りです。熱くてやけどしそうです。しかし、これはこれでいいでしょう。出汁が効いていて、おいしいものでした。
 カウンターの一段高くなったところに、大きめの寿司皿をずらりと(7人分ほど)並べ、職人さんが次々と寿司をにぎり、その皿に乗せていきます。セットの寿司です。オーツにもこれが出てくるのかなと思いました。やがて、握り終わると、店員さんが奥のテーブルのほうに運んでいきました。オーツの分は、まだまだで、それから握りはじめたのでした。
 やがて、オーツの分も出てきました。1.5 人前ということで、けっこうな量があり、満足しました。これで 1,100 円というのは安いと思います。
 生の海老(甘エビよりも大きいもの)が、2匹ほど、頭と尻尾付きでシャリに乗っていて、細い海苔でまかれていましたが、こういうのはどう食べるといいのでしょうか。手で頭を外しましたが、1匹のほうはうまく外せませんでした。
 オーツが寿司を食べている途中で、カウンターの隣の席に若い女性がひとりで座りました。女性の一人客というのは珍しいと思います。その人は「海鮮丼 並盛」(600 円)を注文しました。オーツは、出てきたものを見て、びっくりしました。どんぶりに乗りきれないくらいさまざまな具が山盛りに乗っていたのです。何かのフライとかレタスの葉っぱまで乗っています。その女性客は、直径 10cm の皿に具のいくつかを乗せ替えて、(それでも具がどんぶりにかなり乗っています)どんぶりの具の上からしょうゆをかけて食べ始めました。それを見て、オーツは直径 10cm の皿の用途を知りました。なるほど、こんなふうに取り皿にして食べるのですね。この海鮮丼 600 円というのも、ぜひ次回食べてみたいと思いました。
 オーツは、15貫ほどの寿司を食べ、会計してもらいました。店員さんは2人ほどいましたが、2人ともネパール人のようでした。女性の店員のほうに 2,000 円を渡したところ、おつりを間違えて、800 円しかくれなかったのですが、そばにいた男性の店員が間違いを指摘して、あと 100 円を手渡してくれました。女性店員は、若干問題があるかもしれません。
 それはともかく、こういうお寿司を 1,100 円で出しているというのはエライです。五反田でお昼を食べる場合はこの店で決まりです。(もっとも、五反田に用事がある場合というのがあまりなさそうですが、……。)
 行くなら、一番乗りにしましょう。11:25 くらいにいって、店の前で待つくらいにすれば、海鮮丼(限定20食)が売り切れということもないでしょう。

 ネットを探すと、いろいろな記事が見つかります。
http://r.tabelog.com/tokyo/A1316/A131603/13014661/
は口コミが47件も載っています。海鮮丼がこの店の名物だったのですね。それを事前に知っていれば、そちらを注文したかも、……。そうしたら、でも、オーツは取り皿の使い方がわからなかったかもしれません。
http://plaza.rakuten.co.jp/fami7804/diary/200611100000/
には、1.5 人前の寿司の写真があります。
http://plaza.rakuten.co.jp/fami7804/diary/200902240000/
http://plaza.rakuten.co.jp/fami7804/diary/200710160000/
には、海鮮丼の写真があります。まさにこんな感じで出てきました。(隣の客の分ですが。)
posted by オーツ at 03:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 寿司屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック