2011年09月21日

クルマのサンバイザーが壊れる

 オーツのクルマは、トヨタのウィッシュですが、新車で購入してからもう8年ほど乗っています。メーターによれば 77,700km ほど走りました。1年で1万キロというのは、まあ標準的な距離でしょう。
 先日、運転席のサンバイザーが壊れました。突然、ダラリとぶら下がってしまうようになったのです。さわってみると、内部で何かが割れたようです。
 サンバイザーが目の前にぶら下がってもじゃまなので、右側のドアのところにグルリと回しておきました。一応、右側の窓は見えるようになっています。
 そして、さっそく、ディーラーに行ってサンバイザーを交換してもらいました。部品取り寄せで1日かかりました。また、修理費として工賃込みで 4,641 円かかりました。工賃がかかるので、このくらいはしかたがないでしょう。
 8年もすると、クルマはあちこち故障が増えてくるようです。今のクルマは、そのように作られているのかもしれません。
 オーツの感覚では、10年、10万キロ乗ったら、次のクルマを考えてもいいかなと思います。あと2年、2万キロほどが目安です。今は燃費のいいクルマが出ていますから、そういうのに乗ってみたいと思います。

 ちなみに、ネットを見ると、ウィッシュのサンバイザーは欠陥商品だという声がいろいろ見つかります。
 とはいっても、8年も乗っていると、やっぱり苦情は言い出せませんが、……。

参考記事:
http://okwave.jp/qa/q6747820.html
http://minkara.carview.co.jp/userid/136867/car/32820/43466/note.aspx
http://ameblo.jp/moekanon/entry-10380877400.html
http://thief.blog.so-net.ne.jp/2008-09-11
http://thief.blog.so-net.ne.jp/2008-10-07
http://twitter.com/#!/nozacchi/status/69593184375816193
posted by オーツ at 05:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック