2011年09月07日

目覚まし時計をなくした?

 オーツは、ヨーロッパ旅行に出かけるときに、目覚まし時計を持参しようと思いました。モーニングコールが頼めないこともあるし、部屋に目覚まし時計がないこともよくある話なので、自分で準備できるものは自分で準備する方針です。
 実は、オーツが旅行に持参する目覚まし時計は、ふだんは自分のクルマの中に積んであるものなのですが、コンパクトで使い勝手がなかなかいいのです。こういうものは、使い慣れたものがいいのはいうまでもありません。新しいものを使うときは、セットのしかたが正しいのか、心配になります。
 オーツがいつも目覚まし時計をクルマの中に積んでいるのは、クルマで走っていて仮眠するときがあり、そのときに目覚ましをセットするようにしているためです。ずっと前のことですが、大事な用件で山梨県の方に出かけたとき、高速道路上で眠くなり、目的地の近くのパーキングエリアに入って仮眠をとったところ、うっかり寝すぎてしまって、先方との約束にあやうく遅刻しそうになったことがありました。それ以来、目覚まし時計はクルマの常備品になったわけです。
 ところが、今回、旅行用品を準備するに当たって、クルマのグローブボックスを探したのですが、目覚まし時計がないのです。
 息子たちがオーツのクルマを使うこともあるので、もしやと思って聞いてみましたが、二人とも触らなかったと言います。それはそうでしょう。
 気が付いたのが旅行に出る直前だったので、目覚まし時計を買う時間的余裕もなく、しかたがないので、今回は目覚まし時計なしで行こうと腹をくくりました。まあ、オーツは朝型人間ですし、ヨーロッパは時差が日本より7時間遅いのですから、朝寝坊をすることはほとんど考えられません。
 ところが、プラハのホテルについて旅行バッグの中の荷物を整理していたら、荷物の下から目覚まし時計が出てきたのです。前回のベトナム・カンボジア旅行
2011.5.7 http://o-tsu.seesaa.net/article/199629820.html
のときに旅行バッグに入れ、帰国後、クルマに中に戻すのをうっかりしていたのでした。
 とにかく、目覚まし時計が見つかって、よかったと思いました。とはいえ、一方では、いよいよぼけてきたのかと思って、心配にもなりました。
ラベル:目覚まし時計
posted by オーツ at 02:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック