2011年08月30日

ヨーロッパ旅行(5)アイロタワーホテル@ウィーン

 ウィーンで宿泊したホテルは、アイロタワーホテル
http://www.tripadvisor.jp/Hotel_Review-g190454-d206615-Reviews-Airo_Tower_Hotel-Vienna.html
というところでした。3日目、4日目と2泊しました。
 オーツが部屋に入るなり、いきなり部屋の停電がありました。妻が卓上ランプのケーブルをコンセントにつないだ瞬間だったので、それと関係しているのか、気になりました。廊下には明かりがついていたので、ドアを開けながら、係りの人の到着を待ちました。係員は、部屋の外でブレーカーをリセットしたようでした。その後、係員が部屋にきて、ランプのケーブルをコンセントにつなぎました。
 ベッドサイドには小さなランプがありました。ツインの部屋なので、同じ形をした2個があったのですが、一方は照明の下の方の土台を触ると、3段階で光量が変化する方式でした。もう一方は、電源コードの途中にスイッチがあって、つけたり消したりする方式でした。この違いがわからなくて、オーツはランプが故障しているのかと思って、しばらく迷ってしまいました。
 バスルームにはバスタオルが4枚付いていて、足ふきマットは付いていませんでした。(翌日には足ふきマットがあったので、単に客室係が忘れただけのようです。)
 部屋の価格表示を見ると、ダブルルームで 160 ユーロと書いてありました。一人 9000 円ほどということになりますが、それにしてはお粗末な感じでした。
 テレビでは、英語やドイツ語の番組が流れていましたが、日本語の放送はありませんでした。
 フロントでは日本円がユーロに両替できますが、1ユーロが 150 円ということで、相当にレートが悪いと思いました。日本(成田空港)では 113 円でしたからね。
euro.JPG
posted by オーツ at 05:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック